【驚愕】装動・仮面ライダーセイバーが進化ってレベルじゃない超絶クオリティに仕上がっていた件。


おはようございます。

マジでびびったtomoshooです。

想像を遥かに超えていました。信じられません。

 

 

ということで今回は、新たに始まった仮面ライダー新シリーズである

「仮面ライダーセイバー」のアクションフィギュア食玩、

「装動・仮面ライダーセイバー」について。

もう結論から言ってしまいますが、今回半端ないです。

レベルアップ、進化とかそういう次元じゃないです。

 

 

長年続いてきた装動シリーズですが、

間違いなく新たな次元に突入しました。

 

 

軽い気持ちで購入し、遊んでいましたが

本当に衝撃を受けてしまうほどの出来の良さ。

これはバランスブレイカーです。

 

 

てことで、気を取り直してパッケージから紹介していきます。

今回私は、セイバーとブレイズのみ購入しました。

 

 

スタッフブログなどを見ていると、今作はかなり改良されているとのことだったので

かなり気になっていたんですよね。

 

 

反対側。

 

上面。

全て異なるデザインです。

 

 

早速組み立てたものを紹介していきます。

予め言っておきますが、私はシールを貼っただけです。

 

 

仮面ライダーセイバー ブレイブドラゴン

神山飛羽真が聖剣ソードライバーとブレイブドラゴンワンダーライドブックを使って変身した姿。

今作の主役、仮面ライダーセイバーの基本フォームです。

 

 

中央のシルバー、額の白は塗装。

複眼とシルバー両サイドの赤い箇所はシールでの色分けです。

複眼の複雑な造形もしっかりと再現。

頭頂部の剣は取り外せるようになっており、シール貼りも楽でした。

 

 

上半身。

これだけ見ても、今作の完成度半端ないことがわかると思います。

 

カラフルな色分けがかなり忠実に再現されているのですが、

シール箇所はめちゃめちゃ少ないんです。

 

前腕の赤いライン、手の甲、右肩のドラゴンの目、ベルトの色分けはシール。

それ以外のラインや白、シルバー箇所は全て塗装での再現です。

 

首元は背面までしっかりと塗り分けられています。

 

 

武器は両側造形で肉抜き無し。

 

 

そして今作の大きなパワーアップポイントの1つである肩関節について。

軸穴が円形ではなく、楕円系?のような形状になっているんです。

 

たったこれだけの違いなのですが、

このおかげで肩を前後に角度をつけられるようになっているんです!!

複雑な機構を取り入れたわけではないにもかかわらず、

肩の柔軟性が格段に上がっています。

 

構造のシンプルさと効果の大きさに、かなり驚かされました。

 

 

加えて手首は念願のボールジョイントで、表現の幅が大幅に広がりました。

手は握り手と開き手の2種類です。

 

 

お次は下半身。

めちゃめちゃ色数多くて、シールだらけなんだろうなーと思っていたのですが、

シール箇所はまさかの膝と足先のみ!!!

 

太ももやスネは全て塗装なんです。

 

加えて足首の可動域も広くなっています。

 

 

腰のマントはボールジョイント接続で、角度を自由に変えられます。

 

 

加えて、腰からマントにかけての塗装がまた美しい。

このシルバーも、もちろん全て塗装です。

 

 

色々語りましたが、今回の凄さはとにかくポージングを見て欲しい。

実際に手に取って、色々動かしてみて、ポージングさせて、写真を撮るんですけど。。。

 

 

もうね、撮れる写真の仕上がりが

明らかに今までの装動と違いすぎるんです。

 

 

今までの装動とはちょっと比べ物にならないほどの完成度の高さです。

ポージングさせてカメラ越しに被写体を見ていると、

普通に人を撮影しているような、そんな感覚になってしまうほどのリアルさ。

 

 

劇中の細かなニュアンスまで、格段に表現できるようになりました。

350円の箱を2つ開けて、ちょろっとシール貼って、

ささっと組み立てるだけでこの仕上がりですよ。

 

もう意味がわからない。

 

 

 

 

仮面ライダーブレイズ ライオン戦記

新堂倫太郎が聖剣ソードライバーとライオン戦記ワンダーライドブックを使って変身した姿。

2話から早速登場の、二人目のライダーです。

 

 

セイバーも半端ないのですが、ブレイズもやばいです。やばい。

 

 

頭部のアップ。

複眼、頭頂部両サイドの色分けはシール。

額の青い箇所は塗装です。

 

 

上半身。

色分けどうなってんの!?って感じですが、

これもシール箇所めっちゃ少ないです。

 

肩、ライオンの目、手の甲、ベルトがシール。

首元、胴体や腕は全部塗装!!!!!すげえ。

 

 

さらにさらに。下半身はもっとやばいです。

膝と足先以外全部塗装!!!!!

太ももとか全塗装ですよ。めちゃめちゃ良い質感ですよこれ。

 

 

肩関節や手首の構造もセイバーと同じなので、

本当にリアルなポージングができます。

完全に人入ってるでしょこれ。

 

 

劇中の印象的なポージングも見事に再現可能。

「それっぽいポージングができます」

じゃなくて、

「劇中そのままシーンが再現できます」

って感じ。

 

 

2体を並べて。

何度も言いますが、箱開けてシール貼っただけでこれです。

これ以上の進化ってもう期待できないんじゃないかなって思うほど良いです。

 

 

構造的に、組み替え的なこともできるみたい。

これは今後劇中に登場するんですかね?

ここは正直そんなに感動ポイントではなかったです笑

 

 

ということで、簡単ではありますが装動・仮面ライダーセイバー第1弾の紹介は以上です。

 

 

これまで、装動シリーズは毎年パワーアップしてきました。

大きな改良の年もあれば、細かな改良の年もありました。

 

 

しかし、今年の進化は凄まじすぎました。

この価格、この発売ペース、このサイズにもかかわらず

人が入っていると錯覚させられるほどの完成度の高さ。かっこよさ。

 

 

これ以上の進化ってありえないんじゃないかなって、

今から来年以降が心配になってしまうほどでした。

 

 

装動、1つの特異点に到達した気がしますね。

大傑作です。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category