【装動・リバイス】今年も遊んでみました。前作から更に大幅進化とか凄すぎるでしょ。。。


こんばんは

基本フォームだけは買うようにしている tomoshoo(@tomoshoo1) です。

1年に一度のお楽しみ。

 

 

ということで今回は、装動・リバイスについて。

新シリーズである仮面ライダーリバイスの装動第1弾。

今更ながら入手、遊んでみました。

 

 

思い起こせば、前作である仮面ライダーセイバーの第1弾を購入した際、

『装動は1つの特異点に達したのではないか』

みたいなことを言いました。

【驚愕】装動・仮面ライダーセイバーが進化ってレベルじゃない超絶クオリティに仕上がっていた件。

それほど装動セイバーでの改善点が素晴らしく感じ、

これ以上の大幅改善は無いのでは・・・!?と当時は思っていました。

 

 

そんな、ある意味非常にハードルの低い状態で遊んでみた装動リバイとバイス。

結果から言うと、おったまげました。

特異点でもなんでもなく、成長の真っ只中でした。

 

 

このしなやかなフォルム、美しい塗装。

シールと塗装の調和も完璧。

股関節が見えづらくなっただけでなく、可動域も広くなっている。

各関節の隙間や肉抜きを極限まで目立たなくした構造。

 

 

大前提として他の完成フィギュアと比べて低価格かつ発売スピードの速さという強みがあるのに

こんなにクオリティ上がっちゃっていいんですかって感じ。

 

頂点とってしまうんじゃないかっていうレベル。

 

 

 

 

2体を並べて軽くポージングさせるだけで、そこに人を感じさせてくれます。

私が子供の頃って、おもちゃで遊ぶときは『脳内で補うスキル』がすごく必要とされたのですが

ここまでくると脳内で補うことはほとんどないですね。セリフくらい。

 

 

さらにすごいのは、今年は合体ギミックまであること。

 

 

ただでさえ完成度の高いライダー2体で組体操して、リバイスレックスという恐竜になってしまうんです。

うん、かっこいいわ。

 

 

「二人のライダーが組体操でサボテンしたら恐竜になる」

って聞いたら、んな馬鹿な話あるわけないだろってツッコミ食らいそうですが

実物見てみると、なるほどちゃんとサボテンしてるし恐竜してる。

 

 

この基本フォームだけでなく、後に登場するバリエーションでは

歴代ライダーの要素を含みながら、組体操もしながら合体もする。

大前提として、リバイスの基本構造が大幅に改良されている。

 

 

装動・リバイスシリーズ、しれっととんでもないことやってます。

 

 

すでに買い続けている皆様には敢えて言う必要はないですが、

装動を買ったことがない皆様、是非第1弾だけでも手に取ってみてください。

ほんとにすごいから!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category