【公式更新情報】2日連続更新!ついにきた!ザンボット3大公開!これはいい!!


こんばんは

怒涛の二日連続更新に驚いていいるtomoshooです。

予想通りとはいえ、ある意味予想を超えてきました。

 

 

ということで今回はスーパーミニプラについて。

以前の記事では、ザンボ・エースについて紹介されていました。

【公式更新情報】スタッフブログ更新!ザンボ・エース試作品公開!!

【公式更新情報】ザンボエース続報!数々のギミック紹介!

そしてついに今回はその続報です!!!

それも二日連続記事更新!!!!

 

まずは1日目の記事です。

もはやバレバレの黒い二機。

 

 

いきなり、今回のラインナップ全種類公開です!!!

非変形のザンバードは武器とのセットなんですね!!!

 

 

まずはザンブル。

何かの上半身を構成するメカ。

よく見ると、装甲の内側にもディテール入ってませんか!?

あと、肩パットの内側にも!!!

 

単体でも作り込みが凄そうですね。

 

 

お次は、ザンベース。

なにかの下半身を構成するメカ。

とんがるところはきちんとシャープで、メリハリがあってかっこいいデザインです。

 

 

3体のメカを並べて。

ザンベースでかいな!!!

ザンバードとのボリューム差がすごいですね笑

 

 

 

そして、ついに発売を来週に控えたガリアンのレビューです!!!

外箱は写真。。。?イラスト。。。?

 

 

内箱は2種類それぞれ全く別のデザイン。

鉄巨神のデザインかっこよすぎ!!!!

しびれました。

 

これもイラストに見えて写真を加工したCGアートだそうな。

 

 

ザブングルと比べると箱かなりでかいですね。

そりゃ一箱で一体だからでかいですよね笑

 

 

 

組み立てたものがこちら。

シール一切張っていなくてこの出来!!!!

さすがスーパーミニプラですね。

 

素立ちのシルエットもなかなかかっこいいです。

 

 

コックピットの開閉ギミック。

中のパイロットもなかなか細かいですねー。

これはシタデルカラーの出番かな。。。

 

 

変形したものがこちら。

ちょっと合わせ目が目立つくらい。

あとは本当に手を加えるところなさそう。

 

 

 

お次は鉄巨神。

キターーーーー!!

原作全く見たことないけどこれほんと好きです。

 

ガリアンほど色分けは完璧ではなさそうですね。

 

とはいえ、ふくらはぎのパーツ分割は見事。

ここのパーツ分割はありがたいですねー。

 

 

最後に全て並べて。

二体並べるとやっぱいいですね。

 

 

記事の最後には謎のシルエットが!!!!

一体これはなんなんだ!?!?(棒)

気になって夜も眠れませんでしたよー(嘘)

 

 

 

 

そして一夜明けて、今日の更新記事。

冒頭から全く出し惜しみがありませんでしたね笑

 

スーパーミニプラ新作は、

「スーパーミニプラ 無敵超人ザンボット3」

です!!

 

 

ザンボットブロー

 

ザンボットカッター

 

ザンボットグラップ

 

ザンボットバスター

あの、何がすごいって、

全部専用手首なんですよね。

おかげでどの武器を持たせても全く違和感がないんです。

 

単体でのポージングもめちゃくちゃかっこいい。

個人的な感想なのですが、

歴代のスーパーミニプラの中でもダントツでかっこいいです。

 

ディテールとポージングの決まり方が、尋常じゃなく良いです。

なんだこれ。ザンボット全く知らないのにめちゃくちゃ欲しいんですけど。

 

 

今回、ザンボエースは完全余剰パーツとなるみたいですね。

個人的には合体して欲しかったですね。。。

 

とはいえ、おかげで可動域がかなり広くなっているんです!!!

ザンボエースを合体させていたら、この可動域は実現しなかったでしょうね。

 

 

下半身もかなり複雑な構造で可動域を確保しています。

ほんとよくできてるわ。。。

 

 

立膝も余裕みたい。

 

脚部は、もはやスーパーミニプラを象徴する絶妙な曲線。

ザブングルで生み出された奇跡の曲線。

当時の印象を残しつつもスタイリッシュなシルエットを実現しています。

 

 

肩部分も、分割させていることであれほどのポージングが可能なんですね!

劇中のディテールを再現させるために分割部を埋める加工も提案されていましたが、

私は可動域損ないたくないので、埋めたりはしません!

 

 

スーパーミニプラ最大サイズであったイデオンと比べたのがこちら。

全長イデオンよりでかいですね!!!!

上半身のマッチョ加減が最高です!!!!

 

 

最後の決め台詞。

 

“もはや「食玩の域を超えた」という言葉すら忘れ去り、
我が道を進み続けるスーパーミニプラを体現する商品仕様となっています。”

 

感服いたしました。

 

その言葉に恥じることのない、素晴らしい出来です。

40周年を迎えるザンボット3にふさわしい作品だと思います。

 

発売日、価格等、商品詳細については7月下旬頃お知らせできる予定とのこと。

 

これだけネタバレをしておきながら、さらにテンションを上げさせてくるあたり

本当にスーパーミニプラってすごいんだなって感じました。

 

期待しかないですね。

 

記事はそれぞれこちらです。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category