【公式更新情報その2】ドラゴンシーザーレビュー!パッケージも中身も凄すぎる!


こんばんは

怒涛の三本更新、tomoshooです。

たまには頑張ります。

 

 

ということで今回はスタッフブログについて。

ギガントホウオーに続き、

待ちに待ったドラゴンシーザーの発売直前レビュー記事が公開されていました!!

 

 

まずは、気合いの入りまくったパッケージから。

同時の記憶が蘇りますねー。

 

嘘です。ほとんど覚えてません。

 

 

 

当時のDX版パッケージとの比較。

全然違和感ないんだよなあ。。。

本当にリスペクト精神というか、愛を感じます。

 

 

今回は1種の構成なので、厚みはかなりありますね。

厚みでいうと確実に過去最大ですね。

まあ、キングジェイダー、キングブラキオンには到底かなわないでしょうけどね!笑

 

 

合体前・合体後それぞれの頭部は塗装済み。

特に、剛龍神のバイザーはキャンディ塗装みたいですよ!!!

ここの塗装残すか塗装し直すか悩みますね。。。

 

 

胸部の赤いパーツはクリアレッド。

“「もしかしたらライトを仕込む人もいるかもしれない…」と思ってクリアパーツに変更しました。 “

とのこと。

 

これは挑戦状なのか。。。!?

 

とはいえ電飾の経験ゼロなので、実物見てできそうであればやってみようかな。。。

 

 

胸部の金色パーツは塗装済み。

こんな広い面積塗装済みって珍しいですね!

色味も素晴らしいんですけど、どうしようかな。。。

 

金色はちゃんと考えた方が良さそうですね。

 

 

素組み状態のドラゴンシーザー。

シールは一切使ってません。

 

嬉しかったのは、シールで色分けを再現する箇所もちゃんとモールドが入っていること!!!

全塗装派にも嬉しい造形です!!

 

 

どこから見ても、隙がありません。

シール全く使ってないのに、全然違和感ありませんもんね。

こりゃすげえわ。。。

 

 

 

 

そしてすごく気になっていた尻尾の構造。

怒涛のボールジョイント接続だったんですね!!!

 

 

本体のどっしり感のおかげもあり、尻尾を地面につけなくても自立するんです!!

さらに劇中の印象に近づきますね。

 

 

シールを貼った状態がこちら。

細かなモールドが色分けされました。

 

これ全塗装で仕上げたらもっとかっこいいんだろうな。。。

 

 

 

守護獣ティラノザウルスと並べて。

どちらも足をハの字に開くことができるのがいいですねー。

DXよりも圧倒的にかっこいいです。

 

 

大獣神と並べて。

劇中で良く見かけた2ショットですね。

 

 

さらに、初めて公開した試作品との比較も紹介されていました。

前のブログでは、手の内側の肉抜きを無くしたことが紹介されていましたが。。。

 

・胸部の形状

・脚部の形状

・頭部の形状

・パーツ分割

・手の形状

 

等、全身様々な箇所が変わっていますね!!!

私がやっている徹底改修の比ではないくらいに改善されているんでしょうね。。。

 

 

次回のドラゴンシーザーについての記事では、

ロボ状態のスタイリング調整やドラゴンアントラーの工夫等の開発裏話

について紹介するとのこと。

 

 

剛龍神めっちゃ見たい!!!!!!

紹介は以上です。

 

なんだかんだでドラゴンシーザーも発売直前ですね。

もう楽しみが多すぎてどうしたらいいかわかりません笑

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category