【ミニプラ・トウサイジュウオー】クロコダイル歯のディテール表現


こんにちは

 

昨日は友人と熱く語り合っていたtomoshooです。

熱く語り合える友人がいるというのがありがたいことです。

私自身、人に喋ることで自らのモチベーションを保っている部分もあるので、

そんな友人は大切にしていきたいと思っています。

 

 

ということでトウサイジュウオー改修します!

 

今回改修していくのはこれ!

クロコダイルの歯の部分です。

アリゲーターではありません。クロコダイルです。

 

そうなのです。クロコダイルなのです。

 

 

葉の部分ですが、見て分かる通り、

強度確保のために歯と歯の隙間が埋まっています。

これは、危なくさせないためということと、強度を確保するための設計だと思われるのですが、

 

いかんせんこの口元ですとのっぺりとした印象を受けます。

せっかくクロコダイルの歯なので、立体感を出していき、

もっと尖った歯にすることで、

迫力のある口元にしていきたいところです。

 

 

 

ということでまずは上アゴを改修していきます。

 

横から見るとこんな感じなのですが、

このまっすぐな歯並びから、劇中の歯の形状を再現していきます。

うらやましいくらいまっすぐな歯並びですね。

クロコダイルも歯が命ですからね。

 

 

ということで改修方法なのですが、

デザインナイフ一本削りです!!!!!!

男は黙ってデザインナイフです。

へんな小道具なんて使いません。

小手先にテクニックなんてありません。

ただひたすらに切り込みを入れ続けるだけです。

 

 

ひたすら地道に削りこんで、こんな感じになりました。

改めて、使ったのはデザインナイフ一本です。

誰でもできるといえばできますが、

かなり根気のいる作業です。

 

 

内側はこんな感じに仕上がりました。

もうね、努力の結晶です。

 

しかしこれで終わりではありません。

下顎も同様にしてディテールを再現しました。

このアングルだとかなり改修がわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

こちらも内側から見るとこんな感じに仕上がっています。

 

 

上顎と下顎、どちらも切り込みを入れ終わりましたので、

動物モードの時どんな感じに仕上がるか見てみましょう。

 

 

 

クロコダイルの時は、こんな感じになります。

歯に奥行きが出て、

立体感が全然違うのがお分かりでしょうか。

 

やっとワニの歯っぽくなった気がします。

 

 

ちょっとした一手間でしたが、かなり効果的な改修だと思います。

ちょっとした一手間とは書きましたが、そこそこ面倒くさいです笑

 

 

しかしやる価値は十分にあると思いますし、

手間をかければかけただけ愛着が湧くというもんです。

 

 

と自分に言い聞かせてこれからも改修頑張ります。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category