【スーパーミニプラ・ビクトリーロボ】シタデルカラーのドライブラシで、タイヤの造形に立体感を出していく!!


こんばんは

このアプローチ重要だなと思い始めてきたtomoshooです。

戦隊ロボこの表現方法すごくあってます。

 

 

ということでビクトリーロボの製作進めていきます。

【スーパーミニプラ・ビクトリーロボ】いつもの3色でスミ入れ完了!!

前回はいつもの3色でスミ入れを終わらせました。

 

 

今回は、大量のタイヤパーツについて。

タイヤにも凹凸があるのですが、今回あえてスミ入れをしませんでした。

 

 

その代わり、ドライブラシでタイヤの泥臭い質感を表現していこうと思います!!

 

 

使うのはシタデルカラーと。。。

 

ドライブラシ用の筆。

いつも使っているタミヤの面相筆とは全く形状が異なり、

平たくカサカサした質感の筆です。

 

 

ドライブラシについてや、実際の使用例は

こちらでも詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

【スーパーミニプラ・サンバルカンロボ】筆塗りで細かな塗り分けと金属表現!!

【スーパーミニプラ・ザブングル】ドライブラシによる金属感・重厚感の再現【TIPS】

【ウォーハンマー】久々にSaurus Knightsうろこのペイント!!

ドライブラシでエッジに明るい塗料をのせることで、ハイライトが入って立体感が出るんです。

 

 

 

 

ってことでドライブラシが終わったものがこちら。

凸部分にグレーの塗料が付着し、タイヤらしい質感になりました。

 

 

同様に全てのタイヤにドライブラシをすれば、タイヤの処理は完了。

スミ入れでグレーを流し込むより、圧倒的にリアルな質感に仕上げることができました。

 

 

凹部分に塗料を流し込むか、凸部分に塗料を乗せるか。

使い分けると表現の幅が広がると思うので、是非取り入れてみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category