【スーパーミニプラ・ビクトリーロボ】スリット入りプラ板を使って肉抜き箇所のディテールアップ!!


こんばんは

連休はこもるtomoshooです。

作業進めたいですね。

 

 

ということでビクトリーロボの改修進めていきます。

今回はこちら!!!

ビクトリーロボの肩関節部分と、グリーンホバーのホバー部分のパーツです。

 

 

レッドラーダのパーツ、表面はいいのですが。。。

 

裏側は肉抜き箇所が。

 

 

同様にグリーンホバーのパーツ裏側には、製造番号があり少し目立ちます。

いつものようにパテで埋めても良いのですが、

少し色気を出してそれっぽいディテールを追加したいなと思ったのです。

 

 

ってことで使うのはこちら。

エバーグリーンのスリット入りプラ板です。

これ、1枚持っておくとまじで便利です。

 

 

まずはレッドラダーの肉抜き箇所から。

肉抜き箇所の形状がそこそこ複雑なので、今回はこれも使います。

スタンプパッドです。

 

 

パーツをスタンプパットに押し当てます。

しっかりと押し当てます。

 

 

そのまま、プラ板にスタンピング。

ずれないように注意です。

 

 

肉抜き箇所の形状を、しっかりと移すことができました。

いちいち寸法とか測りたくないズボラ君にはぴったりです。

 

 

うつしとったインクをガイドにして、プラ板を切り出し。

 

 

曲線の箇所もガイドに沿って切り出すことで、形状ピッタリでプラ板を切り出すことができました。

道具をうまく組み合わせて使うだけで、一見難しそうなことも簡単にできてしまうんですねー。

 

 

2パーツやれば完了。

ズボラプラ板切り出しメソッドです。

 

 

 

 

お次はグリーンホバーのパーツ。

こちらはシンプルな形状なので、そのままプラ板切り出し。

 

 

ペタッと貼り付ければ完成です。

スリットが入っているだけで、なんかそれっぽくなっちゃう。不思議!!!

 

 

ってわけで2種類のパーツのディテールアップが完了!!

スリット入りプラ板、シャッターっぽさがロボと相性抜群なんですよねー。

1枚あると便利なので、是非使ってみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category