【MODEROID・ワイバリオン】素組みレビュー!!


こんばんは

久々の素組みレビューをする tomoshoo(@tomoshoo1) です。

最近なかなか撮影できてなかったんですよね。

 

 

ということで今回は素組みレビュー!

紹介していくのはこちらのキットです!!!

 

 


MODEROID ワイバリオン


グッスマオンライン限定で発売された、MODEROID ワイバリオンです!!

 

 

MODEROIDのウェブダイバーシリーズの第3弾。

【MODEROID・グラディオン】素組みレビュー!!

第1弾のグラディオンも素晴らしいキットでした。

 

 

パッケージ背面にはビクトリーグラディオンの姿もあります。

 

反対側。

 

側面をぐるっと。

 

 

今回の組み立ての模様はこちら。

組み立てはかなりスムーズでした。

 

 

早速組んだものを紹介していきます。

 

 

ワイバリオン(ビークルモード)

まずはプロペラ飛行機型ビークルモードから。

ブラックとシルバーのカラーリングがかっこいいです。

 

 

反対側から。

全身複雑でカラフルな色構成なのですが、やり過ぎなくらいのパーツ分割による色分けで再現度が半端ないです。

いつものようにシールは使用していません。

 

 

両サイドから。

こういうクラシックなプロペラ飛行機がモチーフってかなり珍しいですよね。

フォルムに一切の妥協がなく、気になるところが見当たらないです。

 

 

操縦席付近の模様、まさかの別パーツでした。

ここまで色分け再現してくるなんて。。。

 

 

後方の模様ももちろんパーツ分割。

ブルーの箇所のみシールですね。

 

 

翼先端に数少ない肉抜き箇所があります。

手を加えるとしたらここくらいですかね。。。

 

 

後方翼はシール箇所多め。

側面の模様はパーツ分割です。

 

 

スタンドを使って飛んでいるイメージで。

飛行機としてのフォルムが完璧なので、宙に浮かせるだけで様になります。

 

 

 

 

ワイバリオン(ファイターモード)

変形してファイターモードに。

まさかの差し替えなし余剰パーツなしの完全変形です。

 

 

元デザインの素晴らしさもありますが、シンプルかつ大胆にフォルムが変わっていくのは動かしてて楽しかったです。

 

 

反対側から。

大きな翼が左右に展開し、ボリュームが一気に増えました。

 

 

両サイドから。

モチーフであるワイバーンらしいシルエット。

立ち姿は安定してます。

 

 

頭部のアップ。

目や白の細いラインは塗装。

シャープな造形でメリハリがあります。

 

 

口は大きく開閉可能。

牙の造形もしっかりとあります。

 

 

首の底面、側面は全て別パーツ。

各節の接続はボールジョイントで、微妙にサイズが異なるものになっています。

 

 

展開した翼。

細かなモールドがびっしり入っています。

 

 

前脚もパーツ分割による色分けが優秀。

鉤爪の形状もシャープです。

 

 

造形だけでなく、可動域も非常に優秀。

ボールジョイント接続の頭部はもちろん、翼、足、尻尾と全身よく動きます。

 

 

ファイターモードだけでも十分遊べます。

 

 

グラディオンとのサイズ比較。

翼があるので横幅はかなりのものです。

全体的なボリュームは少し控えめって感じですかね。

 

 

 

グラディオンとワイバリオンが合体して、ビクトリーグラディオンに!!!

背面に取り付けられて飛行能力が強化されるという、王道の強化合体です。

 

 

反対側から。

背面に大きな背負いものが加わったせいで重心が後ろになりがちなのですが、かかとの追加パーツのおかげで立ち姿も安定してます。

ここの構造はほんとよく考えられてますね。

 

 

両サイドから。

合体後も立ち姿はかっこいいですね。

どっしりとした立ち姿です。

 

 

上半身のアップ。

シンプルに背中に取り付けられただけなので、グラディオン自体は特に形状変わっておらず、可動域も大きく変わっていません。

ワイバリオンは合体専用の形態になってます。

 

 

 

 

ポージングを何枚か。

スタンド接続用の軸穴もあり、飛行シーンも再現できます。

ただ重量がかなりあるので、保持は結構大変です笑

 

 

最後は付属のシール。

白を中心とした細かな色分けを再現する形になっています。

目もシールを使う事で瞳が加わります。

 

 

ワイバリオンの素組みレビューは以上です。

 

プロペラ飛行機とワイバーンという珍しい組み合わせのワイバリオン。

どちらの形態も完成度が非常に高く、変態的なパーツ分割による色分けで細かなカラーリングもよく再現されています。

 

 

ビークルモードは本当にプロペラ飛行機出し、ファイターモードは見事なワイバーンになっており、ポージングさせるだけで楽しいです。

さらに合体も文句なし。

元デザインの良さもあり合体後もポージングさせやすく、

グラディオンとワイバリオン是非とも2つ揃えて欲しいキットでした。

 

 

ウェブダイバーは特徴的なメカが多く登場しますが。。。

さすがに今回の立体化が最後かな。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

最新記事

Archive

Category