【ミニプラ・竜装合体】自作した型を使ってパーツの複製&ニコイチでディテールを再現していくううう!!


こんばんは

体調を整えたいtomoshooです。

週末までにはなんとか!!

 

 

ということでミニプラ・竜装合体の改修やっていきます。

 

前回に続き、シャインラプターシャドーラプターの脚部パーツの改修です。

【ミニプラ・竜装合体】シャインラプター&シャドーラプター脚部の複雑な造形をおゆまるで型取り!!

前回は、おゆまるを使って脚部パーツの型を作っていきました。

複製にはクリアがベストです。

 

 

どれも、かなりの精度でディテールを写し取れました。

作った型を使って、パーツを複製していきましょう。

 

 

使うのはこちら。

最近登場頻度の高い、UVレジンですね。

紫外線を当てるまではサラサラで、型にしっかり液体が行き届くので

パーツの複製にはぴったりです。

 

 

それぞれの型にUVレジンを流し込みます。

気泡ができないように気を付けて。

 

 

あとはUVライトを当てて硬化です。

スタンド型のUVライトで、じっくりしっかりと硬化させていきました。

 

 

そして出来上がったものがこちら。

す、す、す、すごすぎる!!!!!!!

なんか自分でもびっくりするくらいうまく複製できたんですけど!!!!

 

 

おゆまるとUVレジンの組み合わせによる複製、もしかしたら最強なのでは・・・!?

 

 

他のパーツも大成功でした。

あとは元のパーツに貼り付けられるように形状を加工するだけ。

 

 

 

 

それぞれこんな感じに加工しました。

ジョイント部分をくりぬいたり、薄くしたりしてます。

 

 

加工したUVレジンのパーツにぴったり合うように、元の脚部パーツも整形。

レジンのパーツと何十回と見比べながら、めちゃめちゃ細かな作業が続きました。

 

 

加工が全て終わったパーツがこちら。

ようやくここまでたどり着きました。

ちなみに休日丸一日分くらい、すり合わせ作業に使ってます。

 

 

取り付けるとこんな感じ。

レジンが透明なのでわかりにくいですが、しっかりとディテール再現できました。

接着や細かな隙間を埋めるのには、瞬間接着パテを使う予定です。

 

 

地道すぎるクリアランス調整のおかげで、コスモラプターの脚部も問題なく再現可能。

この調整がもう死ぬほど大変でした。

ヤスリ掛けして、組み立てて、またヤスリ掛けして。。。を何度繰り返したかわかりません。

 

 

本格的なパーツ複製によって、大胆な脚部の肉抜き個所に

劇中通りのディテールを追加することができました。

 

こんなにちゃんと複製やったの久しぶりだったのですが、

おゆまるとUVレジンの組み合わせめっちゃ相性いいですね。

かなりの精度でパーツを複製出来てびっくりしました。

 

 

かなり大変なのでおすすめはしませんが、

我こそはという方、是非チャレンジしてみてください!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category