【ミニプラ・ゼンカイオージュラガオーン】プラ板を使って、親指太くしてみたり脚部のディテールアップしてみたり!!


こんばんは

20時頃死ぬほど眠くなるtomoshooです。

弱点です。

 

 

ということでゼンカイオージュラガオーンの改修進めていきます。

今回手を加えていくのはこちら!!!

握り手パーツです。

 

 

開き手は以前に改修済みですね。

【ミニプラ・ゼンカイオージュラガオーン】開き手の水かきを取り除いてディテールアップ!!

 

 

この握り手、反対側の肉抜き穴は処理済みです。

今回気になったのは肉抜き箇所ではなく。。。

 

 

これ。

わかりにくいですが、親指の造形が省略されているんです。

 

親指の造形をしっかり作りたいことと、左右対称な造形にする必要があるので

ここはパテを使っての造形再現ではなく、プラ板の切り貼りでディテール再現をしていきたいと思います。

 

 

ってなわけで、まずはプラ板を切り出して接着。

この段階ではあえてしっかりとはみ出させてます。

 

 

隙間を瞬間カラーパテで埋めてから削り出せば、親指のディテール完成。

関節部分の入り組んだ造形も再現してみました。

プラ板で形作りをしたのでしっかりと左右対称に仕上がりましたねー。

 

 

 

 

お次は、ジュランの脚部内側。

表側に比べると少し味気ない造形。

変形&合体に干渉しない箇所なので、少しだけディテールアップしていきます。

 

 

こんな感じでプラ板を貼り付けて。。。

 

面の造形に合わせて削り出してディテールアップ!

少しは外側のディテールに近づいたかな。

 

 

反対側も同様にディテールアップすれば完成。

 

 

元のスカスカ感は完全に消えましたね。

完成後はほとんど目立たない箇所なので、これでよしとしましょう。

 

 

プラ板を使った改修はこれで一通り終わり!

次回は肉抜き穴埋めパーツ紹介ですかねー!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category