【ミニプラ・ディメボルケーノ】改修・塗装済完成版レビュー!!


こんばんは

久しぶりすぎる完成版レビューをするtomoshooです。

2020年初です。

 

 

ということで今回は、

ミニプラ・ディメボルケーノの完成版レビューをしていきたいと思います!!!

大変長らくお待たせいたしました…。

 

 

素組みレビューはこちら。

【ミニプラ・キシリュウオーファイブナイツ&ディメボルケーノ】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!

 

製作過程はこちらの記事をご覧ください。

【ミニプラ・ディメボルケーノ】製作過程まとめ!!

 

 

カラーレシピはこちらで紹介しています。

【ミニプラ・ディメボルケーノ】カラーレシピ紹介!!

早速紹介していきます。

 

 

ディメボルケーノ

ディメトロドンモチーフの騎士竜。

ちなみに、ディメトロドンは恐竜ではないらしいです。びっくり。

 

かなりスミ入れ映えする造形です。

 

 

反対側から。

とさか、背びれ、尾びれは全てツヤあり仕上げ。

クリアを何度も拭き重ねて、テッカテカに仕上げています。

元はクリアパーツでしたが、あえて塗装仕上げとしました。

 

 

両サイドから。

ツヤありのオレンジとメタリックでかなり派手な見た目になりました。

尻尾の先端は延長+鋭角化で形状変更してます。

 

 

頭部のアップ。

トサカはツヤあり仕上げですが、顔まわりはツヤ消し仕上げ。

顔まわりの塗り分けはかなり手間がかかったぶん、カッコよく仕上がりました。

 

 

キシリュウオーディメボルケーノ

キシリュウオーと合体してキシリュウオーディメボルケーノに。

両手に武器、両肩にはキャノンとかなりの武装形態です。

 

 

反対側から。

反対側から。

ディメボルケーノのパーツは余剰なしで取り付けられています。

 

 

両サイドから。

肩のキャノンのデザイン、独特でかっこいいですよねー。

塗装でさらに重厚感が増しました。

 

 

頭部のアップ。

塗り分けがかなり大変だった頭部。

目以外はマスキング塗装で塗り分けています。

 

額はキャンディオレンジ仕上げです。

 

 

上半身のアップ。

両肩には大型のキャノン。

胸飾りは、ディメボルケーノの頭部が逆さにくっつくという変わったデザインです。

 

 

下半身のアップ。

下半身はシンプルです。

 

 

 

 

武器紹介です。

右手にはナイトメラメラソード。

全体的にエッジをシャープ化させ、特に先端部分は延長して鋭角化しています。

そして質感はツヤあり仕上げ。

 

本当はナイトメラメラソードはもう少し先端を伸ばして劇中のシルエットに近づけたかったのですが、

後に控える合体の構造上断念し他のですが、劇中の印象に少しは近づいたでしょうか。

 

 

左手にはナイトファン。

こちら側は、素組みだと肉抜きが目立っていたのですが

全塗装仕上げとしたことで違和感なく肉抜き箇所を埋めることができました。

 

 

両肩のボルケーノキャノン。

発射口は開口してディテールアップしています。

内側はガッツリ肉抜きされていたので、複数素材を使って穴埋めをしました。

 

 

ということでポージングを何枚か。

肩にキャノンがあるので、腕を大きくは動かせませんが

それでも可動域の広さを存分に生かしたポージングが可能です。

 

 

完成版レビューは以上です。

 

クリアパーツだったオレンジを、あえて通常のオレンジで塗装仕上げとすることで

キシリュウオーディメボルケーノの質感に近づけた今回。

騎士竜モードと合体状態ではオレンジ部分の質感が異なっていたため、

どのように仕上げるかはかなり迷いましたが、この選択は間違っていなかったと感じています。

 

ディメボルケーノのカラーリングがオレンジとシルバーなので、

合体後も統一感があり非常によくまとまっていて非常にかっこいいですね。

 

そして元々の造形の良さもあり、かなりスミ入れ映えしてます。

造形が複雑だった分、肉抜き処理はなかなか大変でしたが、違和感なく仕上がり満足です!!

 

 

エアブラシ塗装を始める際は、こちらの記事を是非ご覧ください!!!

【2019年度版】初心者向けエアブラシ徹底解説・比較!種類や違いは?どれを選べばいいの?

【2019年版】初心者向け模型用塗装ブース徹底解説&比較!おすすめ塗装ブース「マジカルサクション」もレビューするよ!

【2019年版】初心者向け模型用コンプレッサー徹底解説!選ぶポイントや比較、おすすめも大公開!

エアブラシ塗装環境を整えて、ワンランク上の仕上がりを目指してみてください!!

 

 

 

今回の撮影環境やかっこよく撮影するためのテクニックについては、

こちらの記事で詳しく紹介しています!

カメラや撮影の知識ゼロでも問題なく読めますし、

すぐに取り入れられるテクニックも多数紹介しているので是非!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category