【SMP・ガオナイト】プラ板を使ってエレファント耳裏側の滑らか曲面肉抜きにフタをしていく!


こんにちは

数少ない改修をやっていく tomoshoo(@tomoshoo1) です。

それほど出来が良いです。

 

 

ということでガオナイトの改修やっていきます。

【SMP・ガオナイト】2種類の素材を使って肉抜き個所にパテ盛り!適材適所で使い分けて作業効率アップです!

前回までで、パテ盛りを終わらせました。

 

 

今回は数少ない改修です。

手を加えていくのはこれ!

ガオエレファントの耳です。

 

 

表側は問題なし。

模様にはモールドがあるので、塗装の際も塗り分けしやすそうです。

 

 

ですが、裏側はがっつり肉抜きされているんです。

パテで埋めるという選択肢もありましたが、他の肉抜き穴より面積が広いので

パテを敷き詰めることで重くなってしまうのを避けたいんですよね。

 

 

ガオナイト時は片手で支える必要があるので、ここはできるだけ軽量に仕上げたい!

ということで他とは違うアプローチで肉抜きを処理していきます。

 

 

使うのはプラ板。

ちょっとわかりにくいですが、緩やかなカーブを描くようにプラ板を曲げてます。

あらかじめ曲げておくのがポイントです。

 

 

 

 

次に、プラ板にぴったり貼り付けます。

流し込み接着剤を使ってしっかりと接着させます。

 

 

事前に曲げておいたことで、緩やかな曲面に隙間なくピッタリと接着させることができました。

 

 

両耳にプラ板を貼り付けたら。。。

はみ出た個所をニッパーでザックリと切り落とします。

この状態で少し乾燥させて、がっつり固定したらもう少し綺麗に切り落として完成です。

 

 

緩やかな曲面を作るのって、パテからの削り出しだと超絶難しいんですよね。

しかも左右対称となると、職人レベルのスキルが求められます。

 

 

プラ板を使えば超絶簡単に左右対称の曲面を作ることができますし、表面処理の必要もほぼないです。

楽して綺麗に仕上げられるに越したことはないので、是非試してみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category