【ミニプラ・竜装合体】改修・塗装済み完成版レビュー!!


こんばんは

撮影超楽しかったtomoshooです。

ディテールの複雑さが映えまくりです。

 

 

ということで今回は、

ついに完成したミニプラ・竜装合体の完成版レビューです!

 

 

素組みレビューはこちら。

【ミニプラ・竜装合体】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!

 

 

製作過程一覧はこちらをご覧ください。

【ミニプラ・竜装合体】製作過程まとめ!!!

 

 

今回はこの3体。

人型のロボは無く、追加合体用の騎士竜のみのラインナップです。

 

 

シャインラプター

白がメインカラーの騎士竜。

 

分かりにくいですが、白はパール塗装仕上げにしているため

細かい粒子が高級感を演出しています。

 

 

素組みはこんな感じ。

塗り分け箇所は目や脚部くらいで、少ないほうでした。

モールドが細かいのでスミ入れ映えするディテールです。

 

 

反対側から。

がっつり肉抜きされていた尻尾のディテールは、

表側を参考にパテを持って削ってを繰り返して再現。

ミニプラらしいがっつり肉抜きだったので大変でしたよ。。。

 

 

両サイドから。

片側は文句なしのディテールなのですが、反対側は全面がっつり肉抜き。

胴体、尻尾はパテ盛りで再現、

脚部はおゆまる+UVレジンでパーツ複製してからのニコイチで

ディテールを完全再現することができました。

【ミニプラ・竜装合体】ガッツリ肉抜きのカガヤキソード&クラヤミガンをディテールアップしていく!!

【ミニプラ・竜装合体】自作した型を使ってパーツの複製&ニコイチでディテールを再現していくううう!!

大変な改修でしたが、かなりうまくいきました。

 

 

頭部のアップ。

下あごは後ハメ加工で塗装後に取り付けています。

目元はマスキング塗装で綺麗に塗り分けました。

 

 

キシリュウオーシャインラプター

 

キシリュウオーと合体して、キシリュウオーシャインラプターに。

右腕周りにシャインラプターが装備されました。

 

 

素組みだとこんな感じ。

顔は1パーツ構成で真っ白なんですよねー。

 

 

反対側から。

改修がよく現れているアングルです。

 

 

両サイドから。

2枚目は素組みだとスッカスカなんです。ほんとに。

 

 

頭部のアップ。

十字、頬のゴールドがいいアクセントになっています。

 

 

上半身のアップ。

パールホワイトの質感かなり良いので、実物見てほしい。。。

 

 

武器のカガヤキソード。

素組みだとあまりにも肉抜きが目立ってしまうポージングでしたが、

がっつり改修のおかげで反対側と遜色のないディテールに。

これは本当にやってよかったです。

 

 

ポージングを何枚か。

手首が回転するので、ポージングが非常に決まる!!

そして開き手との相性も抜群です。

 

 

シャドーラプター

シャインラプターと対をなす黒の騎士竜。

シャインラプターと同様に塗り分け箇所は少なく、スミ入れ映えする造形です。

 

 

反対側から。

尻尾先端は素組みでもディテールあり。

ですが脚部はこちらもスカスカだったので、パーツ複製でディテールを再現しました。

 

 

両サイドから。

分かりにくいですが胴体もディテール再現しているのですが、

それは後ほどクラヤミガンのディテール比較で紹介します。

 

 

頭部のアップ。

目のギザギザかっこいいですね。

 

 

 

 

キシリュウネプチューンシャドーラプター

キシリュウネプチューンとシャドーラプターが合体。

今度は左腕に装備されています。

 

 

無改修だとこんな感じ。

キシリュウネプチューンも色々と手を加えたので、かなり見た目が変わってます。

 

 

反対側から。

キシリュウネプチューンのボディがシンプルにかっこいい笑

 

 

両サイドから。

装備された左腕、無改修だとどちら側から見ても肉抜きが目立っていたのですが

改修のおかげで抜け目のない見た目になりました。

 

 

頭部のアップ。

トゲトゲしたシルエットの頭部。

バイザー部分のみメタリックピンクを使っています。

 

 

上半身のアップ。

徹底的にディテールアップしたクラヤミガンが映えます。

 

 

腕も、無改修だとスッカスカでした。

おゆまる、UVレジン様様です。

 

 

武器のクラヤミガン。

いろいろな素材を使って複雑な造形を再現してます。

元はこんな感じでした。

1からディテール作るのかなり苦労しました。

 

 

ということでポージング。

ポージングの際に肉抜き箇所を気にしなくていいの、すごく楽です。

 

 

シャインラプターとシャドーラプター2体で並べて。

後半ほとんど出てないのが悲しい。。。笑

 

 

2体のロボを並べて。

白と黒、右と左、銃と剣。

対照的な2体のロボの並びは見ていて安心感があります。

 

 

 

 

コスモラプター

シャインラプターとシャドーラプターが合体して、コスモラプターに。

頑張った改修は全て隠れてしまいますが、

良く言うと無改修でも見栄えが良いということですよね。

 

 

反対側から。

細かく塗り分けたメタリックパープルがいい感じです。

 

 

両サイドから。

サイバー恐竜的な感じで面白いデザインですよね。

可動箇所はほぼゼロです。

 

 

頭部のアップ。

ゴールドとメタリックパープルのバイザーです。

 

 

キシリュウオーコスモラプター

キシリュウオーとコスモラプターが合体した姿。

左右対称のシルエットで、武器両手持ちになりました。

 

 

無改修だと紫のアクセントなどは一切なし。

顔も真っ白ですね。

 

 

反対側から。

改修の頑張りが報われるアングルです。

 

 

両サイドから。

両肩のV字のシルエット、めっちゃかっこいいです。

 

 

頭部のアップ。

塗り分けが一番大変だったのがこの頭部パーツ。

マスキング→塗り分けを8回程度繰り返してやっと完成しました。

目はメタルテープでディテールアップしています。

 

 

上半身のアップ。

バランスの良いフォルムになりました。

 

 

ということでポージング。

両腕、両肩のごつさにもかかわらず、かなり動きます。

 

がっつり肉抜きも手間暇かけて改修したおかげで、

かなりの完成度で仕上げることができました。

 

 

キシリュウネプチューンコスモラプター

キシリュウネプチューンとコスモラプターが合体した姿。

こういう合体バリエーションって珍しいですよね。

 

 

無改修と比べると高級感やシャープさが段違いです。

どれも手間暇かけて作りました。

 

 

反対側から。

2つの頭は脚部に取り付けられています。

 

 

両サイドから。

両腕かなりのボリュームとなっています。

 

 

上半身のアップ。

頭部はキシリュウオーコスモラプターと同じです。

 

 

ヒザ部分には、2体のラプターの頭部分がくっついてます。

 

 

ポージングを何枚か。

キシリュウオーにもキシリュウネプチューンにも装備できるコスモラプター有能すぎます。

 

 

それぞれの頭部を並べてみました。

シャインラプター とシャドーラプターのフォルムが混ざったようなデザインになってます。

そしてどれも本当にかっこいいデザインです。

 

 

 

 

パキガルー&チビガルー

親子の騎士竜。

メタリック塗装が映えてます。

 

 

まずはパキガルー。

カッパーの輝きが美しいです。

 

 

無改修だとこんな感じ。

拳内側や脚部内側の肉抜き箇所は丁寧に処理済み。

塗り分け箇所も多かったです。

 

 

反対側から。

ほとんど手を加えていないアングル。

後方のブースターとかめっちゃいい造形で、塗装しただけです。

 

 

両サイドから。

かなりしっかりとした流れるようなディテール。

スミ入れ映えしていい!!

腕、脚部の肉抜き処理も完成度アップに貢献してます。

 

 

頭部のアップ。

顔は細かく塗り分け。

 

 

お次はチビガルー。

1円玉よりも小さなチビガルー。

 

 

改修箇所は合わせ目処理程度です。

小さいので、塗り分けるだけでも一苦労でした。

 

 

反対側から。

背中のパーツ分割線も綺麗に消えてます。

 

 

ブースター部分に乗ったり、パキガルーの胸におさまったり。

塗装剥げが心配なのであまりやらないです笑

 

 

親子で並べて。

単体でもかなり遊べます。

 

 

キシリュウオーパキガルー

キシリュウオースリーナイツと合体して、キシリュウオーパキガルーに。

ボクサーのようなロボになりました。

 

 

無改修だと色分けが少し少ないですし、

せっかくのディテールがあまり生かされていなかったんです。

ダークグリーンのカラーリングもいい感じ。

 

 

反対側から。

表側と同様のディテールです。

 

 

両サイドから。

両腕どちらもボリュームアップしてかっこいいシルエットですねー!!

 

 

頭部のアップ。

実は塗り分け大変だった頭部。

マスキングリキッドも活躍しました。

 

顔だけ見るとめちゃめちゃ悪役面してますよね笑

 

 

上半身のアップ。

全く異なる造形なのに、両腕の拳部分のデザインは統一されており、よく考えられてます。

メタリックの質感もよく仕上がりました。

 

 

キシリュウオーの可動域の広さを存分に生かしてポージング。

アッパーまで出来ちゃいます。

パキガルーの造形がかなりよく出来てるので、影の入り方が素敵です。

 

 

完成版レビューは以上です。

追加の合体バリエーション中心となった竜装合体。

 

シャインラプター 、シャドーラプターの大胆な肉抜き処理はかなり手間がかかりましたが

その手間に見合うほどの仕上がりで、苦労も吹っ飛びました。

 

2体のロボどちらにも装備でき、プレイバリューも非常に高かったです。

 

 

パキガルーは基本に忠実な改修でしっかりとディテールアップ。

滅多に使わないカッパーでしたがかなりいい色味で大満足です。

是非試してみてください!!

と気軽に言えない手間のかかり方でしたが、この満足度は半端ないです。

 

やる気にあふれている方、是非参考にしてみてください!笑

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category