【SHODO SUPER】超電子バイオマン レビュー!!


こんにちは

相変わらずSHODO SUPERの撮影は鬼畜な tomoshoo(@tomoshoo1) です。

作業量5倍です。

 

 

ということで今回はレビュー。

紹介していくのはこちらです!!!

 


SHODO SUPER

超電子バイオマン


プレミアムバンダイ限定で発売された、「SHODO SUPER 超電子バイオマン」です!

SHODO SUPER・バイオマンシリーズとしては先にシルバが発売済み。

宿敵に続いて、主役の5人がようやく発売です。

 

 

反対側。

 

上部。

 

両サイド。

レッドとその他っていうレイアウトはゴーゴーファイブの時と似ています。

 

 

相変わらず今回も豊富すぎる手首パーツ。

5人それぞれ、バリエーション豊かな手が付属するためパーツ数がすごいです。

小さいし数多いので、紛失要注意です。

 

 

バイオマンの5人。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

レッドワン

バイオマンのリーダー。

男性の3人の造形は、頭部以外共通です。

 

 

反対側から。

反対側も塗装箇所、シール箇所ありで色分けされています。

 

 

両サイドから。

自然な立ち姿です。

若干ですが、脇を閉めにくい印象でした。

 

 

頭部のアップ。

頭部は全塗装。

塗り分け精度は悪くないですがめちゃめちゃ綺麗ってわけではないです。

 

 

上半身のアップ。

シールは腰のベルトと腕のシルバーのみ。

胸部の基盤のような模様は印刷で再現度高いです。

塗装箇所は胸部や腕のホワイト、ベルトのバックル部分です。ます。

 

 

下半身のアップ。

足先は白成形色で、ブーツのシルバーはシール。

それ以外の白は塗装です。

 

 

腰のホルスターは武器の有無で2種類選択可能。

もちろん5人分付属します。

 

 

上半身の可動域について。

首は2箇所のボールジョイント接続。

腕はスリムなのでロール軸ありで水平以上上がりますし、ヒジもよく曲がります。

手首は軸接続。

胴体は胸部と股関節の2箇所可動です。

 

 

肩関節は前後にスイング可能です。

 

 

開脚はこんな感じ。

股関節は引き出し式になっており、位置を下にずらせば可動域が広くなります。

股関節、足首はボールジョイント接続です。

 

 

ヒザも90度以上曲がります。

背面にはスタンド用の軸穴もあります。

 

 

グリーンツー

暗めなグリーン。

頭部以外は共通造形なので簡単に紹介していきます。

 

 

反対側から。

 

 

頭部のアップ。

全塗装の頭部。

モールドも入っています。

 

 

各部のアップ。

どんどんいきます。

 

 

 

 

ブルースリー

青担当。

ブルース・リーじゃなくて、ブルースリー。

こちらも男性共通造形ですね。

 

 

反対側から。

 

 

頭部のアップ。

色分けは全塗装。

 

 

各部のアップ。

男性はこれで終わりです。

 

 

イエローフォー

2人の女性がバイオイエローになるという珍しい存在。

女性タイプなので、先ほどの3人とは別の造形です。

 

 

反対側から。

基本的な構造は同じです。

 

 

両サイドから。

胸部当たりの造形が大きく異なる点ですかね。

 

 

頭部のアップ。

全塗装で質感も良し。

私のものは、5人の中で1番塗り分けが綺麗でした。

 

 

レッドワンと比べてみると、身長がわずかに低いです。

スカートではないので、可動域はほぼ同じです。

 

 

ピンクファイブ

イエローと同様に女性型で、頭部以外の造形は共通です。

 

 

反対側から。

 

頭部のアップ。

成型色のピンクと色味も近いですね。

 

 

各部のアップ。

 

 

かなり豊富な手首パーツ。

これに加えて握り手と、開き手がもう1種類ありました。

 

 

次は武器紹介。

 

 

まずはバイオソード、長剣タイプ。

通常状態と発光状態の2種類が付属します。

成形色はシルバー、5色の刃先は全て塗装です。

鍔の部分はシールでの色分けで、反対側もあります。

武器持ち手を使って保持でき、両手持ちも可能です。

 

 

お次はバイオソード・短剣タイプと銃タイプ。

色分けは表裏全てシールで、それぞれ5人分付属します。

銃用の持ち手もあり、違和感なくポージングができます。

 

 

2人目イエローフォー専用のバイオアローも付属。

色分けは全て塗装で、エンブレムも細かく塗り分けられています。

イエローフォーに持たせて。

イエローだけ専用武器があるって珍しいですよね。

 

 

合体技用のバイオアローと矢も付属。

エンブレム部分は塗装で、5色のカラーリングはシールです。

 

 

一通り紹介し終わったので、

あとはひたすらポージングさせて遊びます。

 

 

 

 

5人の名乗りポージング!

 

からの決めポーズ!!!

かなり特徴的なポージングですが、しっかりと再現できました。

 

 

スッと立たせても良し。。。

 

 

戦わせてもよし。。。

手首が豊富なので、どんなポージングさせてもぴったりなものがあるんですよねー。

 

 

数々の必殺技再現!

 

 

ミラクルボンバー!!

 

バイオエレクトロビーム!!

 

構えからのミラクルレーザー!!

 

スーパーエレクトロン!!!

やっぱり5人そろったポージングってのは賑やかで絵になります。

 

 

そして最後は・・・

 

 

バイオエレクトロンビッグアロー!!!

膝立ちも余裕でこなせるので、フォーメーションを組ませても様になります。

どのポージングも違和感ゼロで写真撮ってて楽しかったです。

 

 

準備に半端なく手間と時間はかかりますがね。。。笑

 

 

先に発売されたシルバと対峙させて。

シルバはこちらで詳しく紹介しています。

【SHODO SUPER】バイオハンター・シルバ レビュー!!

宿敵同士が並べられるの熱いですよねー!!

 

 

最後は、改修&塗装したスーパーミニプラ・バイオロボと並べて。

ヒーローとロボの並び立ち、最高です。

【スーパーミニプラ・バイオロボ】改修&塗装済み完成版レビュー!!

バイオロボはこちらで詳しく紹介していますので併せて是非!

 

 

レビューは以上です。

食玩・バイオマンシリーズ最後となったSHODO SUPER 超電磁バイオマン。

ゴーゴーファイブを上回る豊富さで大量の手首パーツで、どんなポージングでもぴったりな手が見つかりました。

 

武器も一通りあり、バイオソードは通常モードと発光モードの2パターンあるのは良かったですねー。

 

数々の必殺技を再現でき、本当に時間泥棒でした笑

バイオマン、バイオロボ、バイオドラゴン、シルバ、バルジオンと

令和の時代にこれほど立体化されるとは思ってもみませんでしたが、

食玩バイオマンシリーズ、どれも非常に楽しめました!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category