【SMP・ガオキング】改修&塗装済み完成版レビュー!!


こんばんは

しびれた tomoshoo(@tomoshoo1) です。

カッコ良すぎました。

 

 

ということで今回は、SMP・ガオキングの完成版レビュー!!

 

 

素組みレビューはこちら。

【SMP・ガオキング】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!

 

 

製作過程一覧はこちらをご覧ください。

【SMP・ガオキング】製作過程まとめ!!

 

 

渾身の完成版レビュー、いきます!!

 

 

ガオキングを構成する5体のパワーアニマル。

どれもいつも以上に丁寧に仕上げました。

素組みと比べた時の圧倒的な高級感。重量感。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

ガオライオン

赤いライオンの姿をしたパワーアニマル。

メインカラーのメタリックレッドはキャンディ塗装で深みのある色味を表現しました。

 

 

素組みと比べて。

メタリックレッドの成形色もいい色でした。

ガオライオンは無塗装でも色分けかなり細かく再現されていましたねー。

 

 

反対側から。

胴体の合わせ目を消したり、脚部内側の肉抜き穴を埋めたりとひたすら基本に忠実な改修。

脚部内側の肉抜き箇所は、シルバーの色分け部分まで再現。

表側と比べても違いがわからないように仕上げています。

 

 

両サイドから。

キャンディ塗装って、光の当たる角度で全く異なる色味になるので

立体感がすごいことになります。

CGのような綺麗なグラデーションです。

 

 

頭部のアップ。

耳、目、牙は塗り分け。

おでこ部分の合わせ目は消しました。。。が、若干ひびが入ってしまいました笑

 

 

ポージングを少しだけ。

超わかりにくいですが、足裏の肉抜きも埋めています。

 

 

ガオイーグル

黄色い鷲の姿をしたパワーアニマル。

色味をどうするかかなり悩みましたが、ガオライオンと同様にキャンディ塗装仕上げに。

素組みと比べてもかなり印象が変わりました。

 

 

反対側から。

メタリック塗装はパーティングラインが目立ちやすいので、表面処理で細かく消しています。

尻尾の合わせ目も消して、塗装し直しています。

 

 

両サイドから。

メタリック塗装、キャンディ塗装のぎらついた箇所と、マットブラックのメリハリがいい感じ。

合わせ目消しの効果も大きかったですねー。

 

 

頭部のアップ。

顔はキャンディ塗装からの塗り分け。

額、目と細かく塗り分けています。

 

 

頬の接続穴は、埋めても問題なさそうだったので埋めました。

絶対埋めた方がいいですこれ。

 

 

ポージングを少し。

5体の中では一番小さなパワーアニマルですが、かなりよく動きます。

 

 

ガオシャーク

青いサメの姿をしたパワーアニマル。

 

成形色もメタリックブルーでかなり良い色味でしたが、

塗装でさらに高級感を演出。

塗り分け箇所も増やして劇中の色味に近づけました。

 

 

反対側から。

全体的に左右で分割されており合わせ目があったので、1つずつ消しています。

曲線が綺麗な造形。

 

 

両サイドから。

背びれは瞬間カラーパテを盛り付けて合わせ目消し。

劇中を参考にライトグレーでスミ入れしています。

 

 

スタンドに取り付けて泳いでいるイメージで。

ブルーの色、本当に良いです。

 

 

 

 

ガオバイソン

黒いバイソンの姿をしたパワーアニマル。

こいつにはかなり苦戦させられました。

 

 

反対側から。

滑らかなフォルムとマットブラックは、かなり相性いいですね。

 

 

背中、側面に細かく入った金のライン。

かなり手こずらされましたが、全て塗り直しました。

 

 

両サイドから。

脚部付け根の模様は、元はシールでの再現でした。

 

 

頭部のアップ。

額のパーツ分割線は消しました。

ガンメタの塗り分けについては、劇中を参考に頭頂部は黒で塗り分けています。

 

 

ポージングは最低限。

4本の足は全て合わせ目消しをしています。

 

 

ガオタイガー

白い虎の姿をしたパワーアニマル。

シールでの塗り分けが多かったので、素組みと比べると情報量が増えました。

フォルムはほとんど手を加えていません。

 

 

反対側から。

ヒザ関節、ヒジ関節部分の穴や脚部内側は、パテ盛り付けて埋めています。

 

 

両サイドから。

縞々模様は全て塗り分け。

関節部分の穴埋めはかなり効果的だったなーと思いました。

 

 

頭部のアップ。

額のパーツ分割線は消し、全て塗装し直し。

白成形色はパール塗装仕上げなので、うっすら粒子感があります。

 

 

ポージングを少しだけ。

全身よく動きます。

ガオライオンと違って足首は軸可動です。

 

 

タンクモード

劇中未登場のタンクモード。

全塗装でとんでもない風格を得ました。

相変わらず固定はされておらず乗っかってるだけなので、すぐ落ちます。

撮影時はヒヤヒヤでしたよ。。。笑

 

 

いよいよ百獣合体です。

 

 

合体途中状態からの。。。

 

 

『ライズアップ!』

この状態でも安定して自立してます。

 

 

 

 

ガオキング

5体のパワーアニマルが百獣合体した精霊の王。

造形は文句なしだったので、フォルムはほぼそのままです。

シールでの色分け箇所も多かったのですが、シールは一切使わず塗り分けで仕上げました。

 

 

反対側から。

ぎっしり詰まっている感満載の背面、すごく好きです。

適度なスミ入れでメリハリも出ました。

 

 

両サイドから。

側面は各アニマルの模様が全面に出てくるので、塗装映えしてますねー。

どこからみてもデザインが完成しすぎている。

 

 

頭部のアップ。

塗装箇所の多い頭部でしたが、側面の合わせ目を丁寧に消した上で全て塗装し直し。

額のライオンももちろんキャンディ塗装で、統一感を出しました。

素組みだと無かったシルバーのラインが加わり、より引き締まりました。

 

 

内部を回転させて咆哮フェイスに。

口周りはスミ入れでかなり立体感が出ました。

迫力のあるいい顔してますねー。

 

 

上半身のアップ。

胸部はキャンディ塗装、右腕はメタリック塗装、左腕はパール塗装と盛り沢山の上半身。

プラスチックっぽさは一切無くなり、重々しい質感になったかな。

肩の模様も塗り分けてます。

 

 

ガオタイガー胴体は中央に走っていたパーツ分割線を消しています。

ヒジのクリアランス調整がめちゃめちゃ大変でした。

 

 

ガオシャークも合わせ目を全て消し、お気に入りのメタリックブルーで塗装。

背びれも滑らかに仕上げています。

 

 

下半身のアップ。

下半身はマットブラック中心なので、色味の違いはそこまでありませんが

細かく塗り分けた模様は注目ポイントです。

シルバーの合わせ目部分があるとないとでは、プラモっぽさとしての印象が全然変わります。

脚部内側は黒で塗り分けて一体感を出しました。

 

 

武器のフィンブレード、変形用と見栄え用。

持ち手部分はシルバーで塗り分けました。

持たせると間違いなく剥げちゃうので、こんなに綺麗なのはこれが最後です笑

 

 

専用の見栄えパーツなだけあって、フォルムは文句なし。

変形用は合わせ目消しをしましたが、見栄え用は1パーツ構成なので表面処理だけです。

 

 

徹底改修したミニプラ版ガオキングと並べて。

ついに、全塗装仕上げで2体のガオキングを並べることができました。

塗り分けの際はかなり参考にしてました。

実物の見本があるってかなりありがたかったですね笑

私にとっては、どちらも宝物です。

【ミニプラ・ガオキング】完成版レビュー!!

 

 

一通り紹介終わったので、ポージングたくさん紹介していきます!!!

ふわっと飛び上がって。。。

 

飛びかかり!!

 

からの決めポーズ。

再現度すごいです。

 

 

佇まいがまさに王。

 

どの角度から見てもスキがありません。

 

 

 

 

戦闘シーン。

 

両手のパンチも忠実に再現。

 

後半のフィンブレードでの戦闘。

切りつけるポージングもめちゃめちゃ決まります。

 

 

両手持ちも可能。

 

膝立ちも難なく可能。

左腕の自由度がすごく、かなりリアルなポージングができるんですよね。

 

 

さらに咆哮フェイスでオラつかせて。

咆哮フェイスの殺気やばくないですかね。

 

 

必殺技の天地轟鳴アニマルハート。

ガオキング、ガオアニマル全てが正面を向き、雄叫びをあげています。

 

 

これは本当に優勝。

 

ポージングさせてて、これほど満足度の高いロボも珍しいかもしれません。

丁寧に作り込んだ甲斐があったわ。。。

 

 

そして勝利の雄叫び。

SMP版オリジナルの咆哮フェイス、本当に導入してくれてありがとうとしか言えないです。

遊びごたえ、迫力、かっこよさが何倍にも増した気がします。

 

 

そしてついに。。。

 

 

ゼンカイオージュラガオーン、大獣神、ガオキングの

先輩後輩トリオが揃いました!!!

【ミニプラ・ゼンカイオージュラガオーン】改修・塗装済み完成版レビュー!!

【スーパーミニプラ・大獣神】完成版レビュー!!

大獣神とガオキング、どちらも偉大な先輩です。

こういう並びがサラッと再現できるのは、長年作り続けた特権ですかね。

大獣神再販しないかなー。

 

 

SMP・ガオキングの完成版レビューは以上です。

無改修でほぼ完成された造形を存分に生かすべく、

基本的な処理をとにかく丁寧に、塗装はとにかく豪華に仕上げました。

 

無駄のない造形すぎてクリアランス調整に手こずりましたが

大きは塗装剥げもなく仕上がって安心しました。

 

 

本当に細かな違いですが、ガオイーグル頬の穴やガオタイガー脚部の穴を埋めたのは

より劇中ぽさが増して効果があったなと感じました。

 

 

そして何よりガオキングはキャンディ塗装の相性が良い!!!

キャンディ塗装はガオキングのためにあるといっても過言ではないでしょう(言い過ぎ)。

 

 

塗り分けをせずとも、ランナーごとキャンディ塗装するだけでも豪華さ倍増なので

これを機に是非挑戦してほしいですねー。

 

今月には第2弾のガオマッスルも来るので、早く組んで換装させたいです。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category