【ミニプラ・虎龍攻神&オミコシフェニックス】2か所の後ハメ加工で簡単分解!からの2回目の合わせ目消し!!


こんばんは

最近プラモ頑張ってる tomoshoo(@tomoshoo1) です。

年末年始の遅れを取り戻す!!

 

 

ということで虎龍攻神&オミコシフェニックスの改修やっていきます。

【ミニプラ・虎龍攻神&オミコシフェニックス】ネオジム磁石を使って、ディテールを損なうことなく足先の接続方法を増やしていく!!

前回はネオジム磁石で足首の接続方法を追加していきました。

 

 

今回手を加えていくのはこれ。

ドンロボボルトの頭部です。

頭部と胴体で成形色が異なります。

 

 

加えて中央にはパーツ分割線。

頭部は特に目立つ箇所なので、丁寧に消していきたいところ。

 

 

パーツを開いてみると、中は挟み込み式接続になっており

一度組むと分解できない構造になっています。

2色の成型色で構成されているので、塗り分けを楽にするためにも

後ハメ加工して分解できるようにしておきましょう!

 

 

手を加えていくのは頭部側のパーツ。

 

両側に接続用のピンがあるので。。。

 

 

ニッパーで両側とも切り落としていきました。

お手軽後ハメ加工ですね。

 

 

これで、差し込むようにして接続できるようになりました。

固定はされていないので最後に接着する必要があります。

 

 

 

 

後ハメ加工、もう1個やります!

オミコシフェニックスの胴体パーツですね。

 

 

槍の先端の金色パーツは別パーツになっており、

先ほどと同様に挟み込み式接続になっているんです。

こちらも合わせ目消しをしたいので、後ハメ加工していきましょう。

 

 

手を加えていくのは先端側のパーツ。

接続部分の十字の突起を切り落としてきます。

 

 

この状態から。。。

 

 

こんな感じにカット。

差し込みやすいように角度をつけて切り落としてます。

 

 

これで、差し込むようにして接続できるようになりました。

先ほどと同様に固定されていないので、最後の最後に接着します。

 

 

突起を取り除いたことで側面に空間ができてしまったので、パテで埋めました。

超細かいですが、大事なアプローチです。

 

 

 

 

今日はまだまだやります!!

2回目の合わせ目消しです。

 

 

まずはドンロボボルト胸部の合わせ目消し。

頭部の後ハメ加工が終わったので、ようやくできました。

 

 

前脚肩回りも2回目の合わせ目消しです。

爪裏側と肩関節の肉抜き穴埋めを終わらせて、前腕の合わせ目消しが終わらせることで初めてできる処理です。

順番が大事。

 

 

合わせ目消しだけではなくて、内側の軸穴の隙間も埋めておきました。

これ埋めるとプラモっぽさが無くなるので超おすすめです。

腕の内側、合体後結構目立つんですよねー。

 

 

後ハメ加工、合わせ目消しと何気に盛りだくさんでした。

まだまだ改修は続きます。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category