【ミニプラ・トウサイジュウオー】クロコダイル口内ディテール再現


こんばんは

 

ipodがいつの間にか復活して一安心なtomoshooです。

やはり安定のアップルでした。

ちゃんとなおって良かったです^^

 

ということで今回はトウサイジュウオーの改修やっていきます!

 

前回の改修では、

デザインナイフで歯のディテールを再現し、奥行きを出していきました。

かなり地道で面倒な改修でしたが、

効果はかなりあると思います。

今回も、引き続きクロコダイルの頭部に手を加えていきます。

 

 

クロコダイルの口内のディテールなのですが、

今はこんな感じになっています。

歯のパーツを色分けする為のパーツ構成となっており、

口内にはモールドも入っています。

 

 

なのですが、劇中のディテールとちょっと違いすぎる気がするのです。

 

 

私が感じた違和感は何かと言いますと、

ミニプラ版は口内に奥行きが感じられないのです。

すごくのっぺりとした構造になっています。

 

それに比べて劇中版は、奥行きのある口内となっています。

目立たない箇所であればそのままでも良いとは思うのですが、

クロコダイルの場合、キューブモードにした時にすごく目立つ箇所ですので、

劇中の構造に近づける改修をしていきたいと思います

 

 

 

歯のパーツをとるとこんな感じです。

歯のパーツで隠れて全く見えない箇所なのですが、

きちんとモールド掘られているんですよね。

 

 

下顎にも同様に、劇中に近いモールドが無改修で掘られています。

これは結果的に見えなくなってしまったモールドなのか、

あえてこだわって見えない箇所にもモールドを掘ったのか

それは私にはわかりません笑

 

 

ですが、せっかくあるモールドですので、このモールドを生かして改修します。

 

 

まずは前回切り込みをいれまくった歯のパーツです。

このパーツについて。。。

 

 

こんな感じに余計な部分を切除しました。

この状態、かなりちぎれやすいので要注意です。

 

 

 

あとは、このパーツを接着するだけです。

接着前はかなりもろい状態でしたが、

くっつけた後は、きちんと固定されており、安定しています。

 

 

これで劇中の口内ディテールに近づけることができました。

 

 

下顎も同様です。

これで改修は完了です。

 

 

元々パーツ分割されていたものをわざwざ接着したため、

塗装の際はマスキングをした上での塗り分けが必要となります。

 

しかし完成度を高めるためには仕方ありませんね(´Д` )

たったそれだけの手間で見栄えが良くなるなら安いもんです!

頑張りますよおおおお!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category