【SMP・ファイバード】改修&塗装済み完成版レビュー!!


こんばんは

気合が入る[tomsohoo]です。

良いスタートダッシュを切りたい!

 

 

ということで今回は、SMP・ファイバードの完成版レビュー!!!

 

 

素組みレビューはこちら。

【SMP・ファイバード】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!

 

製作過程一覧はこちらの記事をご覧ください。

【SMP・ファイバード】製作過程まとめ!!

 

それでは早速紹介していきます。

 

 

ファイアージェット

地球での宇宙警備隊の主力となる複座式の大気圏内型輸送機。

 

大幅な改修箇所はありませんが、丁寧な面出し、肉抜き穴埋め、合わせ目消し、カラーリング再現と

基本に忠実に製作しました。

 

 

素組みと比べて。

素組みでもかなりの色分け再現度で、色味の違う箇所は翼の先端程度ですね。

ブルーの色味はこだわったので、印象が変わったかなと思います。

 

 

反対側から。

よーく見比べてみると、金色の箇所や翼ヒンジの肉抜きが無くなっていたり

パーツ分割線が消えていたりします。

 

 

両サイドから。

側面は元々合わせ目の目立ちにくい構造だったので、形状はほぼ同じです。

しかし単体でかなりのボリュームです。

 

 

クリアパーツ製のコックピット部分はクリアをオーバーコートして元の色味を生かす仕上げに。

ヒンジ部分もクリアパーツでしたが、ここは本体の色に合わせて白で塗装しています。

先端の歪みもなくなり、よりシャープなシルエットになりました。

 

 

後方部のアップ。

何度か変形させているので、既に塗装が剥がれている箇所もありますね笑

 

 

ミサイル部分は暗めのシルバーで塗装。

フレーム部も同じ色で塗装しています。

 

 

ミサイルの展開も可能、銃口は開口してディテールアップしています。

 

 

底面には展開式のランディングギアが3箇所。

筆塗りで細かく色分けしてます。

 

 

飛んでいるイメージで色々なアングルから。

スタンド穴もあるので安定してディスプレイできます。

 

平面、曲面の主張強めな造形なので、表面処理頑張った甲斐がありますねー。

 

 

フレイムブレスター

お次はフレイムブースター。

ファイヤージェットの支援戦闘機です。

 

 

素組みでも色分け再現度は高め。

改修箇所も細かな肉抜き処理程度ですね。

 

 

反対側から。

鮮やかな赤が映えます。

分かりにくいですが、合体用頭部の合わせ目は消しています。

 

 

両サイドから。

 

シルエットなどは特に変更なし。

 

 

クリアパーツ製のコックピット部分は色味は変えずにクリアを塗装することでよりツヤのある質感に。

透明感も増しました。

 

 

ファイアージェットとフレイムブレスターを合体させて。

2機の戦闘機が合体するの、イカロスハーケンみたいですごく好きです。

 

 

いろんな角度から。

何気に変形・合体のバリエーション多いんですよねー。

 

 

 

 

火鳥勇太郎

天野博士製作の救助用人間型アンドロイドである火鳥勇太郎の本来の姿。

シンプルな人型ですが、実は結構手を加えてます。

 

 

素組みと比較して。

金色成型色でもともと良い質感でしたが、ゴールドの塗装でさらに金属感が増しました。

 

 

反対側から。

腰の接続ピン、腕や脚部のパーツ分割線は丁寧に処理。

よりアンドロイドっぽさが出たかな。

 

 

両サイドから。

横から見ても非常に美しい立ち姿。

頭部、胴体、腰等目立つ合わせ目は全て消し、肩や脚部付け根のボールジョイント受け側の空洞も埋めてます。

 

 

 

頭部のアップ。

劇中を参考に目を描き入れることで、魂が宿りました。

素組みだと白目だったので、かなり印象が違います。

 

 

上半身のアップ。

元々ヒジはグレーでしたが、ゴールドで統一させました。

首は塗り分けてます。

 

 

肩の空洞を埋めたことで、おもちゃっぽさがかなり軽減されました。

 

背中は接続ピン跡が目立っていたので、埋めてからラインを繋げるようにスジ彫りしています。

 

下半身のアップ。

こちらも関節部分は全てゴールドで統一。

脚部付け根にはボールジョイント受け側の空洞、全体的に合わせ目の目立つ構造だったので

丁寧に処理して違和感のない仕上がりに。

かなりの美脚ですよね。

 

 

ポージングを何枚か。

アクションフィギュアと比べても全く遜色ないほどの広い可動域。

躍動感のある疾走シーンも完全再現できます。

 

 

ファイバードと合体!!

足裏の肉抜きも埋めてるんですが、ほぼ見えなかったですね笑

 

 

極小アンドロイドを胸部に格納させて変形が完了します。

 

 

 

 

 

ファイバード

人型に変形したファイヤージェットの胸部にアンドロイドモードの火鳥が合体した姿。

素組みレビューの際は腰のパネルが開いたままでした笑

 

 

反対側から。

背面も肉抜きなどが目立ちにくい構造だったので、ほとんど造形は同じです。

ブルーの色味はかなり変わりました。

 

 

両サイドから。

表面処理の違いがよく出る側面。

きっちりカッチリ仕上がりました。

 

 

頭部のアップ。

かなり小さい頭部ですが、いい表情してますよねー。

額、目は筆塗りで塗装しなおしました。

 

 

上半身のアップ。

比較的シンプルな造形の上半身。

素組みだとかなり目立っていた腕のパーツ分割線、きれいに消えました。

 

 

肩アーマーは段落ちモールド仕上げに。

まっすぐな線が加わりました。

 

 

下半身のアップ。

ゴツゴツしたマッシブなシルエットですごく好みです。

股関節フロントアーマーヒンジ、ヒザ、内側の折りたたんだ翼のヒンジなど、こまかな肉抜き処理が効いてます。

 

 

太ももはパーツ分割線がかなり目立っていたので、パテ盛り付け+成形で綺麗に繋げました。

グランバードの合体で分割させないといけないかもしれないのですが、

予備買っておいたので安心です。

 

 

つま先もパーツ分割線が目立っていましたが、改修で一体化させて違和感のない仕上がりに。

面出しも特に生きた個所ですねー!!

 

 

ってことでポージングを何枚か。

各部非常に良く動き、リアルなポージングが可能。

チラリと見える関節部分のメタリック塗装が、かなりいい味出してます。

 

 

 

 

武装合体ファイバード

ファイバードがフレイムブレスターを兜と胸部に追加装備した姿。

スーパーミニプラ、SMPなじみのプロポーションです。

 

 

素組みと比べても大幅な変更箇所は無し。

素組みでもカラーリング再現度はかなり高めでした。

 

 

反対側から。

背中のフレイムキャノン、格納状態だと合わせ目が目立っていましたが処理済みです。

 

 

両サイドから。

装備が追加され、サイドショットもさらにボリュームが増しました。

かなり重装備になりましたが、S字立ちはきれいです。

 

 

頭部のアップ。

赤いヘルメットの合わせ目を消すために、フェイスパーツのみ最初に一気に仕上げた頭部。

おかげで側面のパーツ分割線をきれいに消すことができました。

ゴールドのパーツはもともとシャープだったので、今回は無加工です。

 

 

見栄え用頭部、変形用頭部を並べて。

どちらも丁寧に塗り分けてます。

 

 

上半身のアップ。

形状は同じですが、塗り分け箇所はそこそこありました。

ゴールドのマスキング、曲線だらけでなかなか手強かったですねー。

 

 

エンブレムの上から取り付けたクリアパーツは、クリアの塗装でテッカテカな質感に。

内部の模様もしっかりと見えてます。

 

 

下半身のアップ。

下半身は股関節に装甲が追加されたのみですね。

 

 

武器のフレイムキャノンを前方に展開させて。

下部の合わせ目は処理済み。

塗装でかなり重厚感が出ました。

 

 

腕のダイナバスターも前方に展開可能。

ここはヒンジを埋めた程度ですね。

 

 

武器のフレイムソード。

元々塗装されていましたが、全て塗りなおし。

刃はツヤあり仕上げとしました。

造形には手を加えておらず、そのままです。

 

 

先端を交換することで、必殺技の炎に包まれた状態に。

炎の根元をクリアイエローでグラデーションをかけ、全体的にツヤあり仕上げとしてみました。

クリアイエローのグラデーションはほとんど分かりませんね・・・笑

 

 

 

 

一通り紹介が終わったので、あとは大量のポージング祭りじゃあああ!!!!!

シンプルながら面の多いデザインなので、かっちり仕上げるとかっこよさがさらに際立ちます。

全身よく動くのでクリアランス調整は結構気を使いましたが、塗装剥げも最低限で済んだかなと思います。

 

 

最後は歴代勇者シリーズと並べて。

【スーパーミニプラ・ガオガイガー】完成版レビュー!!!

【スーパーミニプラ・ファイヤーダグオン】改修&塗装済み完成版レビュー!!

ガオガイガー、ファイヤーダグオン、ファイバードと主役機も3体目になりました。

統一感のあるシルエットながら、カラーリング、ディテールの密度やコンセプトも作品によって全然違っていて

並べてみると面白いですね。

 

 

どれも最高にかっこいいのは間違いありません。

 

 

SMP・ファイバードの完成版レビューは以上です。

SMP・太陽の勇者ファイバードシリーズ、記念すべき第1作目となったファイバード。

 

 

全塗装のしっとりとした質感、合わせ目や肉抜きのない実写のような質感、

派手な改修こそありませんでしたが、細かな積み重ねで納得のいく仕上がりになりました。

 

 

劇中の印象的なシーンが、自分の好み色、質感、造形で再現できるってのはなかなか幸せなものです

 

 

グランバード、ドライアスの発売に無事間に合わせることができ、一安心です。

第2弾、3弾の発売、そして先日発表された新シリーズマイトガインも楽しみです!!

 

 

2022年1発目の完成版レビューでしたが、良いスタートを切れました。

今年も精力的に製作活動頑張っていきますのでよろしくお願いしますー!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category