【スーパーミニプラ・無敵将軍】製作過程まとめ!!


こんばんは

身も心も鍛えられたtomoshooです。

カクレンジャーにはお世話になりました。

 

 

ということで今回は全ての製作工程を終えたスーパーミニプラ・無敵将軍について。

恒例の製作過程を一気に全部紹介するやつ、やります!!

 

 

いつものように、各記事へ飛べるので

気になったものは詳しくご覧になってみてください!!

 

 

パーツの合わせ目処理をしておきました。

この段階では少なかったですね。

 

 

肉抜き箇所にパテを盛りつけていきました。

早い段階でやっておきます。

 

 

製造番号を消しました。

奥まった個所も消していきました。

 

 

後頭部の形状を整えていきました。

細かなこだわりです。

 

 

頭部のディテールアップをしていきました。

地味に効いてきます。

 

 

100均で揃うものを使って、メッキを落としていきました。

初めての試みでしたが、うまくいきました。

 

 

ホワイトカーク、ブルーロウガン背面のディテールアップをしていきました。

オフ会で気付いてもらえてうれしかった改修です。

 

 

細かなパーツの後ハメ加工をしていきました。

これは超お手軽改修。

 

 

肉抜き穴埋めパーツを終わらせました。

多かった。。。

 

 

表面処理を終わらせました。

死ぬほど大変でした。

 

 

 

 

大量のパーツに基本塗装をしていきました。

基本塗装だけで相当な作業量でした。

 

 

1回目のマスキング&塗り分け。

史上最強のマスキング量でした。

 

 

2回目のマスキングと塗り分け。

まだまだ残ってます。

 

 

3回目のマスキングと塗り分け。

だいぶ減ってきました。

 

 

4回目のマスキング&塗り分け。

まだまだパーツは残ってます。

 

 

4~6周と回しまくってマスキング塗装による塗り分け作業は終わり。

塗り分けかなり細かかったです。

 

 

筆塗りでさらに細かな箇所の塗り分けを行いました。

シタデルカラーの赤大活躍でした。

 

 

スミ入れをしました。

気合で乗り切りました。

 

 

製作過程はこんな感じでした。

無敵将軍って、実質5体のカラフルなロボを作ってるのと同じことですし、

隠大将軍&ツバサマルも同時並行で製作していたということもあり

どの工程もとにかく作業量がすさまじくて本当に苦労しました。。。

 

あとは完成版レビューだけ!!!

頑張って準備してますのでお楽しみに!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category