【ツール紹介】扱いやすいコンパクトサイズなのに固くて削りにくい瞬間カラーパテがごりごり削れる「けずるブレード荒目」、最近大活躍しています。


こんばんは

高いだけの価値はあった tomoshoo(@tomoshoo1) です。

作業効率爆上がり&ストレス減りました。

 

 

ということで今回はツール紹介。

以前導入して以来、すごく便利で効率的に作業できるようになったツールがあるので、

改めて紹介していきたいと思います。

 

 

それがこちらです。

 

 


ゴッドハンド

けずるブレード 荒目


ゴッドハンドから発売されている、けずるブレード 荒目です!!

これ何かというと、ゴリゴリ削れて、持ちやすく感覚的に表面処理ができる金属ヤスリです。

 

 

このツールを導入しようとおもったきっかけは、最近格段に登場頻度が増えた瞬間カラーパテの存在でした。

【SMP・ガオイカロス】瞬間カラーパテを使って、大量のパーツにパテ盛り!小さな穴にも詰めていきました!!

【ミニプラ・虎龍攻神&オミコシフェニックス】肉抜き箇所にパテ盛り!2種類のマテリアルを使い分けて大量のパーツに盛り付けていきました!

プラへの食いつき最強、粘り気のある粘度、すぐ硬化して作業に取り掛かれるスピード感が使いやすく、

肉抜き穴埋め、合わせ目消しなど大活躍している瞬間カラーパテなのですが。。。

 

 

1点だけ大変な点がありました。

それは『硬さ』です。

 

 

硬化後の瞬間カラーパテ、プラスチックに比べると圧倒的に硬くて、削り出しにくいんです。

粗めな紙やすりで削ろうとしても全然削れてくれないし、すぐ目詰まりしてしまうんですよね。

 

 

パテ盛り後の最初の削り出し作業をもう少しスムーズにできないかなと導入したツールが、けずるブレードでした。

中目と荒目の2種類があるのですが、今回は思い切って荒目を購入してみたのですが、大正解でした。

紙やすりだとすぐに目詰まりしてしまう硬化後の瞬間カラーパテでも、ゴリゴリ削り出せます。

 

 

大量の穴埋め処理だった虎龍攻神&オミコシフェニックスも、けずるブレードのおかげでかなりスムーズに処理をすることができました。

【ミニプラ・虎龍攻神&オミコシフェニックス】大量の肉抜き穴埋めパーツ一覧紹介!!

今回のような面の多い削り出し作業に、圧倒的な効果を発揮します。

ビビるくらい削れるので、騙されたと思って1度使ってみて欲しいです。

 

 

 

 

その脅威的な切除力を実現しているのがこのヤスリ面。

なかなか伝わりづらいですがかなり鋭い刃が無数に並んでおり、

大根おろしレベル100のような形状なんです。

 

 

金属やすりなので、目が詰まっても歯ブラシなどでこするだけですぐ復活します。

半永久的に使えるってのも嬉しいポイントです。

 

 

金属やすりってたくさんの種類が発売されていますが、

私がわざわざけずるブレードを選んだ理由の1つがこのサイズ感。

ご覧の通り、指先で持って動かしやすいコンパクトなサイズなんです。

 

 

私がいつも使っている

タイラー、RASER、サンドループ

あたりに近いサイズなんですよね。

これらの他のツールと同じような使い心地で、抜群の切除力を得られるというわけなんです。

しかも金属ヤスリなので貼り替えなどの必要無し。

 

 

1点だけ欠点を挙げるとするなら、「切除力がありすぎる」ということ。

硬い瞬間カラーパテの削り出しには最適ですが、プラスチックに使うと削れすぎてしまうのでそこだけ注意ですね。

 

 

お値段は3000円ちょっとと、他のツールと比べると決して安いものではありませんが、実際に使ってみて

他とは比べ物にならない切除力、半永久的に使えるということを加味すれば決して高くはないと感じました。

 

 

瞬間カラーパテの削り出し作業は私の模型製作において決して切り離すことのできない工程なので、

これからも大活躍することは間違い無いですし、長く使っていきたいですね。

 

 

抜群の切除力かつコンパクトな金属やすりをお探しの方、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

少なくとも私は大満足してます。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category