【SMP・ガオライオン&ガオエレファント】サフ吹き&パーツチェックからの仮組み!テンションが上がります!!


こんばんは

山場を乗り越えた tomoshoo(@tomoshoo1) です。

今週は時間確保できそう!!!

 

 

ということでガオライオンの製作進めていきましょう。

【SMP・ガオライオン&ガオエレファント】パーツ洗浄&脱水&乾燥で塗装前の準備を整えました!

前回まででパーツ洗浄を終わらせて、塗装前の準備が整いました。

 

 

いよいよ今回から塗装フェーズに突入。

【ツール紹介】塗装用持ち手の『メタル化』でメンテナンス性上げてみた!長く大切に使いたい!【ペインティングクリップ】

【HOBBY BASE】逆作用の塗装棒・細レビュー!さらに便利になったエアブラシ塗装必須アイテム!

まずはペインティングクリップと逆作用の塗装棒を使って、全てのパーツに持ち手を取り付けます。

 

 

 

 

お次はサフ吹き!!!

今回使ったのはグレーサフのみだったので、全てのパーツがグレー1色に染まりました。

サフは長年ガイアのサーフェイサーエヴォを使っています。

【塗料容器】入手困難なDPボトルの代用品使ってみたけどいい感じです。

【ツール紹介】『ダイモテープ』で溶剤でも文字が消えないシンプルでかっこいいラベルを作りました。

ボトルで希釈してすぐ使える状態にして、ダイモテープのラベルを貼っています。

 

 

一通りサフ吹きが終わったらパーツチェック。

肉抜き処理をした箇所や合わせ目消しをした箇所を特に念入りにチェックしていくと。。。

 

 

手直し箇所がこれだけ見つかりました。

パワーアニマルはシンプルかつ曲線的なデザインなので、パーツチェックの審査基準はいつもより厳しめです。

 

 

大きい穴は瞬間カラーパテ、小さな穴や隙間はタッチアップパテを使って表面処理をやり直します。

この一手間、めんどいんですが超重要です。

 

 

そして2回目のサフ吹き。

気になっていた箇所も全て良くなり、

今度こそ全パーツの下地作りができました。

 

 

 

 

そしてお待ちかねの仮組み!!

グレー一色だとやけにかっこよく見えてしまうあれです。

 

 

かっこいいからだけで組んでいるのではなく、

パーツ同士の干渉具合やクリアランスを確認するというちゃんとした目的もあります。

 

 

額の合わせ目も綺麗に消せて一体感も残せてます。

ちなみに頭部は後ハメ加工したので、マステで固定しないと落っこちちゃいます。

 

 

これで完成後のイメージをつかんだり、塗装の際に気を付けないといけない箇所を洗い出しておきます。

大幅にフォルムを変える場合はここで全体のシルエットをチェックしたりします。

 

 

合わせ目祭りだったお尻や脚部も完全に消せてますね。

丁寧に処理した甲斐がありました。

 

 

ガオエレファントもグレー一色に。

ゾウさん自体は作るの2回目なので見慣れましたね。

 

 

ガオエレファントも脚部は全て合わせ目処理済み。

元の分割線がどこだか分からないくらいには綺麗に消えてました。

 

 

パーチェックからの仮組みで下地作りは完了。

次回からは本塗装に突入です!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category