【ミニプラ・ギガントホウオー】製作過程まとめ!!


こんばんは

ギガントホウオーは作っていて楽しかったtomoshooです。

ファイヤーパターンの塗り分けけっこう楽しかったです。

 

 

ということで今回はギガントホウオーについて。

これまでの製作過程を一気に紹介していきます。

それぞれの記事のリンクも貼ってあるので、気になった記事は詳しく見てみて下さい。

 

 

ふとももの後ハメ加工をしました。

一度組み立てると外せない構造になっていたんです。

 

 

頭頂部を延長して鋭角化しました。

材料費ゼロで改修しました。

 

 

肉抜き箇所にパテを盛りました。

定番改修です。

 

 

 

青いパーツの裏側の製造番号を消しました。

筋彫り大切です。

 

 

キュータマジン頭部の後ハメ加工をしました。

これ簡単です。

 

 

その他の製造番号を消しました。

これも超簡単。

 

 

パーツの合わせ目を消しました。

プラ用接着剤でむにゅっと。

 

 

翼裏側の肉抜き処理をしました。

ちょっと面倒。

 

 

スリット入りプラ板で、肉抜きの処理をしました。

適材適所です。

 

 

肉抜き穴埋めパーツ一覧です。

パーツ数としては少なめですかね。

 

 

表面処理とパーツ洗浄が終わりました。

中性洗剤でがしゃがしゃと。

 

 

 

 

まずはクリアパーツの塗装です。

簡単にツルツルになります。

 

 

サフ吹き。

パーツチェックも念入りに。

 

 

基本塗装は2回の記事に分けて紹介しました。

その1。

 

その2。

この頃忙しかったですね。

 

 

肩のディテールを再現しました。

手間はかかりましたが、価値のある改修でした。

 

 

マスキング塗装は4回の記事に分けて。

その1。

 

その2。

 

その3。

 

その4。

ファイヤーパターンは丁寧に塗り分けました。

 

 

キュータマジンの目をメタリックテープで表現しました。

ガンプラなどでは定番改修ですよね。

 

 

スミ入れを行いました。

ディテールがよりくっきりとしました。

というかこの写真すごくきれいに撮れました。

 

制作過程は以上です。

こまごまとした改修でしたが、効果的な改修も多くできたかなと思います。

 

あとは撮影するだけ!!!

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category