【ミニプラ・キシリュウネプチューン】製作過程まとめ!!!


こんばんは

どんどん紹介していく tomoshoo(@tomoshoo1) です。

急ピッチです。

 

 

ということで今回はミニプラ・キシリュウネプチューンについて。

全ての製作過程が終わりましたので、製作過程を一気に紹介していきます。

 

いつものように各記事のリンクを貼ってありますので、

気になった記事は詳しく見てみてください。

 

 

まずは合わせ目処理からスタートです。

初めの第一歩。

 

 

パテ盛り。

細かな肉抜き中心です。

 

 

プラ板でパーツを延長+鋭角化し、エッジをとがらせました。

劇中のシルエットに近づけます。

 

 

同様に、モサブレードも延長+鋭角化しています。

丁寧に処理しています。

 

 

モサブレード肉抜き個所のディテールを再現しました。

反対側のディテールを写し取って、様々な素材を使って再現しています。

 

 

足裏の空洞をディテールアップしました。

 

 

拳の肉抜き個所をディテールアップしました。

スジ彫りも入れてます。

 

 

肉抜き穴埋め箇所一覧紹介です。

恒例です。

 

 

表面処理を終わらせました。

他と同時並行で行っていたので大変でした笑

 

 

パーツ洗浄+乾燥を終わらせました。

ドライネットで簡単かつ素早く乾燥させることができます。

 

 

赤+オレンジの塗装。

初登場のピンクサフ大活躍でした。

 

 

 

 

ネイビーの塗装。

けっこう難しい色です。

 

 

黒の塗装。

漆黒に染め上げました。

 

 

ゴールド・シルバーの塗装。

めっちゃうまく塗装できました。

 

 

 

 

1回目のマスキング・塗り分け。

 

2回目のマスキング・塗り分け。

 

3回目のマスキング・塗り分け。

 

4回目のマスキング・塗り分け。

 

5回目のマスキング・塗り分け。

全部で6周くらいしましたね。

 

 

筆塗りで最後の色分け作業です。

目を描き入れてます。

 

 

スミ入れを行いました。

新調したボトルで効率アップです。

 

 

トップコートを拭きました。

ツヤありとツヤ消しを使い分けてます。

 

 

製作過程は以上です。

ポイントを押さえて効果的な改修ができたかなと思っています。

完成版レビューをお楽しみに!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category