【ミニプラ・オリオンバトラー】製作過程まとめ!!!


こんばんは

オリオンバトラー大好きtomoshooです。

かなり愛着湧いてます。

 

 

ということで今回はオリオンバトラーについて。

製作も一通り終わったので、これまでの製作紹介記事を一気に紹介していきましょう!!!

 

 

いつものように各記事のリンクを貼ってあるので、

気になった記事は詳しく見てみてください。

 

 

まずは肉抜き箇所にパテを盛りました。

 

 

頭部の後ハメ加工をしました。

ピンを切り落とすだけのお手軽改修です。

 

 

頭頂部の煙パーツにパテを持って、鋭角化しました。

劇中を参考に丁寧に。

 

 

鋭角化したパーツをお湯まるで型取りして。。。

 

UVクリアレジンで複製してクリアパーツ化させました。

クリアレジンを使ったのは初めてでしたが、予想以上にうまくいきました。

 

 

脚部を分割しました。

極細のタガネを使って慎重に行いました。

 

 

分割した脚部に、足首関節を仕込みました。

おなじみのあのパーツを仕込んでます。

 

 

脚を引き延ばした際に干渉する箇所の調整を行って片足を完成させました。

こういった配慮も必要になってきますね。

 

 

同じ改修を行って、両足を完成させました。

完成したときは一人で感動してました。

 

 

脚部のキャタピラの内側にプラ板で蓋をしました。

切り出しの難しい蓋パーツを楽して作りました。

 

 

同様に、胸部のキャタピラの内側にプラ板で蓋をしました。

上記と同じ方法ですね。

 

 

シリンダー裏側の広めの肉抜き穴を

プラ板色々組み合わせてディテールアップしました。

単調なディテールにならないように気を付けました。

 

 

肩の造形のディテールアップをしました。

ツール様様です。

 

 

 

 

甲板裏側の肉抜きを処理する為、

まずはプラ板を張り合わせて蓋をしました。

まずは土台から作っていきました。

 

 

中央付近からディテールを追加していきました。

劇中を参考に、ひたすら地道に再現していきました。

 

 

全てのディテールアップが終わりました。

ディテール追加だけで、2日くらいやってた気がします。

 

 

拳裏側の肉抜きを処理しました。

半球は既存のパーツを使うのが良いです。

 

 

全てのパーツの表面処理を終わらせました。

表面処理はさくっと。

 

 

肉抜き穴埋めを行ったパーツを全て紹介しました。

腕の反対側の肉抜きは大変でした。

 

 

まずはクリアパーツを塗装しました。

他の色で濁らせないために、最初に行います。

 

 

サフ吹きを行いました。

パーツ数は少ないですが、1つ1つが大きかったですね。

 

 

メインカラーを塗装しました。

ネイビーは調色したものを使用しました。

 

 

一回目の塗り分けを行いました。

細かい箇所まで丁寧に。

 

 

2回目の塗り分けを行いました。

2回目でほとんどのパーツが塗り終わりました。

 

 

一番手間のかかった頭部を含め、全てのパーツの塗り分けが終わりました。

頭部は気合入れて塗り分けました。

 

 

スミ入れを行いました。

あとはトップコートを吹いて、完成です。

 

製作過程の紹介は以上です。

 

元の出来が良かっただけに改修箇所は少なかったですが

見栄えのポイントを意識した効果的な改修を心掛けました。

どれも見栄えにかなり影響する改修だったと感じますね。

 

あとは撮影を残すのみ!!!

お楽しみに!!!!

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category