【ミニプラ・ゼンカイジュウオー】製作過程まとめ!!


こんばんは

急に寒くなった tomoshoo(@tomoshoo1) です。

衣替えしなきゃですね。

 

 

ということで今回は、ミニプラ・ゼンカイジュウオーについて。

製作が一通り終わりましたので、全ての製作工程を紹介していきたいと思います。

 

 

いつものように記事のリンクを貼ってありますので、気になったものは詳しく見てみてください!

 

 

まずは合わせ目消しから。

合わせ目消しは少なめ。

 

 

胸部にフタをしてから、肉抜き個所にパテを盛りつけていきました。

こっちは多め。

 

 

口内の銃口ディテールを再現していきました。

個人的お気に入り改修。

 

 

スーパーゼンカイザー頭部の造形を作りこみました。

頭部はこだわります。

 

 

プラ板と瞬間カラーパテを組み合わせて、接続軸を殺さずパテ盛りをしていきました。

ここまでやる意味あったのかは不明です笑

 

 

ブラスターの大改修前半。

まずはニコイチです。

 

 

ブラスターの大改修後半。

細かなディテールアップをしていきました。

 

 

肉抜き穴埋めパーツ一覧です。

今回もこまごまと埋めました。

 

 

表面処理を終わらせました。

合わせ目消し箇所は特に念入りに。

 

 

パーツ洗浄をしました。

いつもの流れで綺麗さっぱり。

 

 

サフ吹きは2色構成で。

パーツチェックもしっかりと。

 

 

 

 

基本塗装。

メタリック塗装もうまくいきました。

 

 

1周目のマスキング&塗り分け。

1回目はさすがに多いですね。

 

 

スーパーツーカイザーSD額のパーツのシルエットを再現していきました。

塗装の途中で気づいて急遽手を加えました。

 

 

2周目のマスキング&塗り分け。

パーツ数がぐっと減りました。

 

 

3~6周目のマスキング&塗り分け。

小さな頭部もしっかり塗り分けてます。

 

 

筆塗りとコピックで細かな色分けを仕上げていきました。

細かく書き込んでます。

 

 

定番3色でスミ入れです。

シルバーはスミ入れ映えします。

 

 

最後はトップコート吹き。

表面保護、質感統一ですね。

 

 

製作過程の紹介は以上です。

今回は色々改修盛り込めましたねー。

一体どんな仕上がりになるのか!?

 

 

お楽しみに。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category