【スーパーミニプラ・ドラゴンシーザー】製作過程まとめ!!


こんばんは

面倒でもまとめる tomoshoo(@tomoshoo1) です。

再販に期待が高まる今、重要性が増してきたはず!!

 

 

ということで今回は、スーパーミニプラ・ドラゴンシーザーについて。

【スーパーミニプラ・ドラゴンシーザー】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!

製作が一通り終わりましたので、製作過程を一気に紹介していきます!

 

 

いつものように記事のリンクも貼っておきますので、

気になったものは詳しく見てみてください!

 

 

まずはパテ盛りから。

肉抜き箇所は少なめでした。

 

 

プラ板を使って、大きな肉抜き箇所を塞ぎました。

瞬間カラーパテとの使い分けです。

 

 

合わせ目消しをしました。

目立つ合わせ目箇所は結構多め。

 

 

ズボラ向けプラ板切り出しメソッドを使って、胸部裏側にフタをしていきました。

この方法が一番好きです。

 

 

ドラゴンアントラー支柱の肉抜き処理をしていきました。

奥まったディテールは作ってから入れ込んだ方が楽だし綺麗!

 

 

股関節の造形をディテールアップしました。

スーパー合体時は結構目立つ箇所なんです。

 

 

剛獣神胸部の形状を変えていきました。

ここは超目立つのでこだわりました。

 

 

表面処理を終わらせました。

スーパーミニプラ初期は表面荒いので特に丁寧に。

 

 

パーツ洗浄&乾燥&脱水で塗装前準備完了。

いつものルーティンです。

 

 

 

 

サフ吹きとパーツチェックを行いました。

合わせ目箇所は特に念入りに。

 

 

基本塗装をしていきました。

緑部分はキャンディ塗装仕上げです。

 

 

1回目のマスキング塗装。

 

2回目のマスキング塗装。

 

3回目のマスキング塗装。

 

気合の筆塗りで塗り分けは終わりです。

筆塗りは特にがんばりました。

 

 

スミ入れ。

定番3色です。

 

 

付属のシールを貼ってからトップコート吹き。

手直ししていたゴッドホーンはツヤあり仕上げです。

 

 

胸部のクリアパーツの色味が暗すぎたので急遽リペイント!

無事好みの明るさになりました。

 

 

製作過程は以上です。

今回はプラ板を使った改修が多かったなーという印象。

支柱の改修は特にお気に入りです。

 

剛龍神胸部は特にこだわり抜いたので、完成版レビューでかっこいいバストアップをお見せしたいです!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category