【ミニプラ・プテライデンオー】製作過程まとめ!!


こんばんは

雨ばっかでテンション下がり気味なtomsohooです。

最近雨多すぎですよね。

 

 

ということで今回は、プテライデンオーの製作過程を一気に紹介していきたいと思います。

いつものように、それぞれのリンクを貼っているので詳しい説明は各記事をご覧ください。

 

 

頭部をボールジョイント化して、可動域を拡大させました。

定番ですが、効果的な改修です。

 

 

同じ要領で、腰関節もボールジョイント化しました。

S字立ちには必要です。

 

 

プテラゴードンのバイザーを独立させ、開閉可能にしました。

これは見栄えが全然違ってきます。

 

 

足首の接続方法を変更し、ダブルボールジョイントに変更しました。

これで接地性がかなり上がりました。

 

 

足首のクリアランスを調整することで、内側に曲がるように改修しました。

クリアランス調整は大切です。

 

 

省略されていた爪のディテールを復活させました。

割と目立つ箇所です。

 

 

つま先を延長して鋭角化しました。

細かなこだわりです。

 

 

ヒジ関節を追加しました。

あるとないとでは大違いです。

 

 

肩関節をボールジョイント化して、可動域を広げました。

これもすごく大切。

 

 

差し替えだった頭部の変形ギミックを再現しました。

今回1番大変だった改修ですね。

 

 

膝の接続方法を変更し、延長できるようにしました。

プロポーションが良くなります。

 

 

股関節の接続方法をボールジョイント化しました。

これで足を外側に開くことが可能になりました。

 

 

肩の接続方法を磁石接続にしました。

これで無駄なディテールを取り除くことができたんですねー。

 

 

 

 

肉抜きでスカスカだった太もも内側のディテールを処理しました。

地味に面倒な改修です。

 

 

翼の先端部分を延長して鋭角化しました。

かなり細かい箇所の改修です。

 

 

股関節の肉抜きを処理しました。

いろんな素材を使いました。

 

 

肩の内側の肉抜きを処理しました。

こちらもいろんな素材使ってます。

 

 

手首の肉抜きの処理をしました。

プラ板をパテがわりに使ってます。

 

 

改修のおかげでで不必要となった股関節の接続軸を取り除きました。

一手間加えて違和感をなくしました。

 

 

細かい箇所のディテールアップをしました。

貼るだけのお手軽改修です。

 

 

肉抜き穴埋めを行なったパーツを一気に紹介しました。

色々な形状の肉抜きがあって、大変でした。

 

 

サフ前に仮組みを行いました。

全身の改修をしたので、こまめに借り組みをしています。

 

 

サフ後の仮組です。

穴埋め処理や全体の調和を見ていきました。

 

 

塗り分けが終わりました。

曲線が多くて大変でしたねー。

 

 

製作過程は以上です。

 

 

頭からつま先まで、とことんこだわりぬきましたねー。

今同じことやれって言われたら、絶対に嫌です笑

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category