【ミニプラ・ゼンカイオーブルマジーン】製作過程まとめ!!


こんばんは

今回は長かった tomoshoo(@tomoshoo1) です。

苦労しました。

 

 

ということで今回は、ミニプラ・ゼンカイオーブルマジーンについて。

製作過程の紹介が一通り終わりましたので、恒例の製作過程一覧の紹介です。

 

 

こんなことやってたんだーとザックリ見ながら、気になったものは詳しく見てみてください!

 

 

まずは合わせ目消しから。

合わせ目消し箇所は比較的少なめでした。

 

 

肉抜き個所にパテ盛り。

こちらはかなり多め、かつ難易度も高いパーツも多くなかなか手ごわかったです。

 

 

開き手のディテールアップ。

水かきを取り除いたり、切り込みを入れたりしてます。

 

 

頭部のシャープ化を行いました。

3つそれぞれシャープ化してます。

 

 

翼先端のディテールアップ。

後ハメ加工、ピン跡消し、延長&鋭角化の3点盛りです。

 

 

翼のがっつり肉抜きを、ニコイチでディテールアップしていきました。

ニコイチ地獄の開幕です。

 

 

マジンドラゴン後ろ足の肉抜きもニコイチ。

ニコイチ第2弾。かなり複雑なニコイチでした。

 

 

マジーヌ腕もニコイチ。

ニコイチ第3弾。プラ板も使ってます。

 

 

ブルーンピッカーの肉抜き穴埋めもニコイチ。

ニコイチ第4弾。細かく繊細な作業でした。。。

 

 

ブルーン側の拳裏側の肉抜き個所をディテールアップしていきました。

パテでは再現できない造形はプラ板を使って。

 

 

ブルーン腕内側のがっつり肉抜きにフタをしていきました。

プラ板をひたすら貼り合わせていきました。

 

 

 

 

肉抜き穴埋めパーツ一覧紹介です。

めちゃめちゃ多かったわ。。。

 

 

表面処理を終わらせました。

角ばったものから曲線的なものまでいろいろな形状でした。

 

 

パーツ洗浄と乾燥を行いました。

サラダスピナーで高速回転!!

 

 

2色でサフ吹き。

手を加えたパーツも多かったので、パーツチェックとやり直しも念入りに行ってます。

 

 

基本塗装。

ピンクも青も複数の色を使ってます。

 

 

1回目のマスキング。

1回目はやっぱり多いです。

 

 

からの塗り分け。

パール塗装もしっかりと。

 

 

2回目のマスキング&塗り分け。

 

 

3, 4回目のマスキング&塗り分け。

塗り分け回数自体は少なめでしたね。

 

 

筆塗りで最後の細かな色分け再現。

気合の入れどころです。

 

 

定番三色でスミ入れ。

拭き取りもしっかりと。

 

 

最後のトップコート吹き。

大口径トリガータイプで効率化です。

 

 

製作過程一覧の紹介は以上です。

塗装は比較的スムーズに終わりましたが、改修がとにかく大変でしたねー。

 

苦労した分完成度も上がっていると信じたい!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category